岡村靖幸 - 主页

随便听几首

岡村靖幸歌迷最喜欢的歌曲

全部4首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 ヘアー (インストルメンタル)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 ラブメッセージ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 ヘアー

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 ラブメッセージ (インストルメンタル)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

岡村靖幸的精选专辑

全部0张专辑

岡村靖幸的个人档案

更多详细资料

岡村 靖幸 (おかむら やすゆき、1965年8月14日 -)は、日本のロックミュージシャン、音楽プロデューサー。兵庫県神戸市生まれ。血液型B型。愛称は岡村ちゃん。 1965年 8月14日、神戸市で生まれる。子供の頃は父親の仕事の都合で大阪、ロンドン、太宰府、新潟、東京を転々とする。 小简介 新潟県立新潟東高等学校在学中から音楽活動を始める。将来何になるかで迷い、可能性の無いものからチャレンジしようとレコード会社にデモテープを持参し、19歳で作曲家としてデビューする。以後、渡辺美里、吉川晃司、鈴木雅之らに楽曲を提供。渡辺美里のレコーディングにコーラスで参加中、空き時間に踊っていたダンスをプロデューサーに「輝いてる」と見初められたことがシンガーとしてのデビューにつながる。 歌中で「シンガーソングライターダンサー」と自称するほどの独特のダンスで、ライブ・パフォーマーとしての評価も高い。本人自らが各所で語るように、米国のミュージシャンプリンスの影響を多大に受けている。 大事件 1986年12月、シングル「OUT OF BLUE」にてデビュー。日本武道館で行われた「TBS開局35周年記念・アニバーサリーロックフェスティバル」のイベントがデビューライブとなり、白井貴子、TM NETWORK、渡辺美里と共演した。その後コンスタントに5枚のアルバムを発売する。 1987年 、広島ピースコンサートでは、親友の尾崎豊と夢の共演を実現。ふたりで岡村の楽曲「Young Oh! Oh!」を熱唱した。1989年7月、渡辺美里西武球場コンサート“SUPER Flower bed BALL '89”にゲスト出演。1990年 、『Peach-どんなことをしてほしいのぼくに』で映画初主演し、金山一彦と共演(この時代はチェッカーズの「TAN TAN たぬき」や吉川晃司の「すかんぴんウォーク」のように歌手が主演する映画が多く作られていた)。 1996年、しばらくの数年間、メディアから離れ、他のアーティストへの楽曲活動が中心となる。川本真琴のデビュー曲『愛の才能』の作曲、編曲、プロデュースを行い、コーラスも担当。その後西田彩栞や黒田倫弘、megのデビュー曲を手がけるほか、CHARA「レモンキャンディ」(2001年)やSOPHIA「HARD WORKER」(2002年)、ajapai feat.Yasuyuki Okamura「DAI-SHA-RING」(2002年)など、楽曲提供を行う。 2002年、 朝日美穂、カーネーションの直枝政広(当時は政太郎)が主体となって岡村に影響を受けた若いアーティストらで作られたトリビュートアルバム「どんなものでも君にかないやしない」が発表された。さらに朝日、直枝によるカバーシングル「だいすき/あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」も発売される。石野卓球とのコラボレーション「come baby」を発表。

岡村靖幸的留言板

正在载入,请稍候...