EXILE - 主页

随便听几首

EXILE歌迷最喜欢的歌曲

全部59首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 Careless Breath

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 永遠

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 Change My Mind高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 Lovers Again-The Finalist Version-(from 9.22 EXILE Vocal Battle Audition 2006~ASIAN DREAM~at 日本武道館)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 道-Piano Version-/ EXILE

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 Summer Time Love高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 HOLY NIGHT -A Cappella Version-

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 LAST CHRISTMAS高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 Someday高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 Angel高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

EXILE的精选专辑

全部29张专辑

EXILE的个人档案

更多详细资料

初めの頃の給料は15万円プラス歩合だったという。J Soul Brothersでの売れなかった時期は給料は6~10万位で、生活も困窮し観客0人の時期もあったという。ひどい時はメンバーで味噌汁を水で薄めて、人数分で分け合って飲んでいたという。公園でしわくちゃのシャツを着たまま、ダンスの練習していたこともあったという[1]。
EXILEのモデルになったグループはいくつかあり、その中でも一番影響を受けたのがアメリカの大所帯HIP HOPユニットのウータン・クランで、MAKIDAIが言うには「ウータン・クランはグループの在り方とかエンターテイメント性とか共鳴するところが多い。一軍のメンバーは映画出たり、洋服屋をやるメンバーもいる。EXILEがモデルにしたユニットのひとつといっても過言ではないです」とのこと。また、MAKIDAIが言うにはブラック・アイド・ピーズの音楽のジャンルを問わないスタイルにも大きな影響を受けたという。
多くのアルバムにインストが収録され、それらはライブでパフォーマーがダンスする際に用いられることが多い。ちなみに『EXILE EVOLUTION』に収録されている「DANCER'S ANTHEM」はオカザイル効果もあって、着うたランキングでトップ10に入ったことがあった。
楽曲やグループとしての方向性を決める際にはメンバーで会議を開いて話し合うという。以前、HIROが「ライブのリハーサルの6,7割が実は話し合いで終わる」と話していた。また、振り付けは自分たちで決めているという。
脱退したSHUNも含めた初期メンバーの6人全員が50万円ずつ出資し、有限会社エグザイルエンターテイメント(現:株式会社LDH)を立ち上げた。メンバー全員が社員であり、HIROが社長を務めている。2003年の終わり頃にある会社と合併し、株式会社LDHとなった。
HIROの提言により、EXPG (EXILE PROFESSIONAL GYM) を開講。ダンスの基礎はもちろん、EXILEの楽曲の振り付けの指導も行っている。
2004年からはソロプロジェクトも展開しており、ドラマ、バラエティ番組にも出演している。2007年5月には、HIROを除くパフォーマー4人が「劇団EXILES」を結成し、舞台進出(HIROはゼネラルプロデューサーに就任)。同年9月20日よりステラボールにて25公演を行った。
グループからの派生ユニットが多く、後述の「EXILES」に加え「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006」出身者5名で構成された「Dreamers」、同オーディション出身者の「JONTE」、EXILEの前身「J Soul Brothers」の名を継いだ同名のグループが存在する。
自身のアパレルブランド、「混じり気のない本物」をコンセプトにした「Gold 24karats Diggers」を展開。現在は東京の中目黒と大阪の心斎橋に店舗を構えている。
ZEEBRAが以前ラジオでクラブで踊ってるダンサーが増えてきたと話しており、EXILEあたりの影響が大きいと話していた。
ある競走馬に「ウマザイル」と名前を付けた。ちなみにそのウマザイルのデビュー戦は6着に終わった。

デビュー当初はJ Soul Brothers時代の路線を引き継ぐように、R&Bテイストのダンスナンバーを数多く取り入れていたが、プロデューサーのMax Matsuuraが離れた後はポップス路線に移行していく。特に2003年の『Together』のヒット以降この傾向は顕著となり、同作品の作曲を手がけた原一博による楽曲が量産されることとなる。この時期にメンバー達の間で、キャッチーなポップス曲のことを指す「エグキャッチー」という言葉が生まれている。音楽性の変化に合わせてボーカル二人(特にSHUN)による作詞の曲が占める割合が増していった。ATSUSHIはviviのインタビューにて、「最初はR&Bっぽく歌おうと無理していた。けど、Kiss youあたりからいい意味で力が抜けてきて、無理にR&Bを抱えなくても、日本人として伝えなくちゃいけないことがたくさんあると気付いたんだ」と話している。 第二章開幕後は「エグキャッチー」に加え、「Lovers Again」や「彼方から此処へ」のようなミディアム系統の曲を「エグセツナ」と称するようになった。同時にATSUSHIによる作詞が大幅に増え、第一章最後のアルバム『ASIA』では3曲だったのに対し、5thアルバム「EXILE EVOLUTION」では15曲中5曲、6thアルバム『EXILE LOVE』では12曲中半分を占めるようになった。

曲をレコーディングする際には方向性をメンバー同士で打ち合わせをし、レコーディングスタジオにも全員が来る。レコーディングしている際にダンスの振り付けも考えるという。R&BやHIP HOP系の音をベースした曲を作る際はトラックメイカーにいくつかトラックを用意してもらい、メンバー内でしっくりと来る曲を選ぶという。その上で歌詞を書いたり、ハモりを積んでいく。よほどのことがない限り、トラックから先に制作を始めるという。曲によっては、海外でレコーディングすることもある(主にGIANT SWING夫妻の拠点であるアトランタ)。なお、第二章以降ボーカルディレクション、TAKAHIROへの指導も主にATSUSHIによって行われている。パフォーマー達も歌うテーマに関しての意見は言うが、歌に関してはボーカル二人に全て委ねているという。

EXILE的留言板

正在载入,请稍候...