B'z - 主页

随便听几首

B'z歌迷最喜欢的歌曲

全部50首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 いつかのメリークリスマス高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 Easy Come, Easy Go!

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 BAD COMMUNICATION高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 New Message

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 ALONE

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 love me, I love you

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 LOVE PHANTOM高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 SUPER LOVE SONG高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 Pleasure 2008 ~人生の快楽~

播放 收藏 歌词 下载 铃声

B'z的精选专辑

全部17张专辑

B'z的个人档案

更多详细资料

ユニット名の由来
ユニット名の由来については諸説ある。これは、ユニット名の由来についてメンバーが発言した内容にばらつきがあるためである。そのため、現在でも正式な由来は曖昧なままになっている。
以下は雑誌や会報のインタビュー等においてユニット名の由来を尋ねられた際の、メンバーの主な回答である

結成当初、最初にユニット名として書かれていたのは『松本バンド A'z(アズ)』という名前であった。しかし、当時の世相で「A'z(アズ)≒エイズ(AIDS)」ともとられる可能性があることに気付き「その名前はまずいだろう」ということになり、「"A"の次は"B"だろう」ということで『B'z』とした。その後、「B」から始まる名前のバンドは、非常に力強いバンド(「ビートルズ等)が多いことが分かり、また「『B'z』だと憶えやすそう」という意見もあり、現在の名前となった[9]。
『僕らの音楽』(フジテレビ系列)2005年3月26日放送回で、稲葉は「『A〜Zのすべてを包括する』という意味で『A'z』としようとした。でも発音がまずいので、Aの次にあるBを使って『B'z』にした。」と発言した。
3rdアルバム『BREAK THROUGH』のバンドスコアでは、メンバーは「何か記号的、かっこいいものにしたかった」とコメントしており、企業のロゴのように意匠化しやすいイメージで名前を付けたとしている[11]。
松本がパーソナリティを務めたTOKYO FM『BEAT ZONE』の中で「『蜂の群れ(Beeの複数形)』でB'z」との発言をした。(1995年頃は17thシングル「love me, I love you」やLIVE-GYMで使うロゴマークに蜂の腹部を模したものを使用していた)
1989年の会報で松本は、「終わりにZをつけるのが最初に決まって、スタッフと考えた結果『B'z』になった」と語っている[12]。
『エースが2人』で『A'z』だという案もあったが、発音しにくいので最終的に『B'z』に落ち着いた[8]。

音楽方向性
初期の作品はギターサウンドを抑え打ち込みを前面に出したTM NETWORKに近いデジタルサウンドであった。これについて松本は「B'zの初期は、確かに(自分がサポートメンバーとして参加していた)TMの流れを汲んでいた」「TMから始まったものが今の僕のスタイルの一部にはなっていると思う」「B'zの初期はテッちゃん(小室哲哉)の影響が大きかった」と語っていたり[13]、メンバーは「デジタルでは絶対に音が作れないギターとボーカルを、デジタルビートと融合させる、というコンセプトで活動している」とも発言していた[4]。松本はライブやレコーディングにTMNのサポートメンバー時代の仲間である阿部薫や久保こーじを招いていた[14]。

ブレイク以降は様々にスタイルを変え、デジタルビートから、ダンス、生の管楽器や弦楽器を導入したアレンジや、4ピースバンドロックなどという風に時代ごとに特徴がある。11thシングル『ZERO』や14thシングル『Don't Leave Me』の頃からロックサウンドへの移行が顕著になって行き、同時に打ち込み音を使用する割合は徐々に減少傾向になる。近年の楽曲はライブ感を重視したものとなっている[1]。

マーティ・フリードマンはB'zの曲風について、B'zとアメリカのロックバンド・エアロスミスとを比較し、「B'zはエアロよりも現代的な音であり、東洋的なメロディーや繊細なアレンジなどはエアロには無理である。またエアロはブルースが基本であるが、B'zは日本的な歌謡曲の作り方である。」と評している

B'z的留言板

正在载入,请稍候...