石川綾子 - 主页

随便听几首

石川綾子歌迷最喜欢的歌曲

全部24首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 コネクト

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 君の知らない物語

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 Only My Railgun

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 鳥の詩

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 ライオン

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 Eternal Blaze

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 創聖のアクエリオン

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 ゆずれない願い

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 フライングゲット

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 Merry Christmas Mr.Lawrence

播放 收藏 歌词 下载 铃声

石川綾子的精选专辑

全部0张专辑

石川綾子的个人档案

更多详细资料

石川绫子在世界各地举办个人独奏会,与世界各大交响乐团共演,并在各国的电视节目及广播里演出,是一位国际化实力派小提琴家。年纪轻轻的她就夺得了全澳大利亚优胜者大会的第一,被誉为"最佳表演者"。另外,对于她非凡的才华和成就,澳大利亚政府颁发给她艺术家永久签证作为奖励。(永久居留签证是只授予国际认可的艺术家)。 石川绫子自4岁开始学习小提琴,5岁起在伦敦居住,以最年少之合格年龄于英国伦敦威尔士皇子贵族音乐学校The Purcell School。15岁之后在悉尼定居,有过许多的受奖优胜经验。石川绫子在悉尼从师于世界上最伟大小提琴家David Oistrakh的徒弟Alex Todicescu,世界有名的波兰小提琴大师Wanda Wilkomirska,以及中国着名小提琴教育家张世祥。 到达澳大利亚后,石川绫子很快便考取澳大利亚的国家高级文凭考试,同时被授予Licentiate Music Diploma以及Associate Music Diploma。 在授赏仪式,作为澳大利亚的演奏者代表被委托在悉尼Town Hall里单独演奏,博得广大好评。在 National Concerto Competition,石川绫子入选全澳大利亚前3名,演奏柴可夫斯基小提琴协奏曲,被澳大利亚各报广泛报导为最有前途的年轻小提琴家。 在Performing Arts Challenge的比赛中,石川绫子报名的所有弦乐器部门全部优胜得奖,并且最终赢得了各乐器部门的优胜者的冠军,年仅18岁就被誉为全澳大利亚最佳表演者。 石川绫子以首位合格于国立悉尼大学·悉尼音乐院,被授予奖学金,并且以首席毕业。 更获得过 The Australian Musicians Academy Award大奖。之后,被任命为澳大利亚的代表演奏家之首,并且赢得了The Elizabethan Theatre Trust Violin Scholarship,Golden Key International Honours Society Award,Pan Pacific International Music Scholarship等许多的大奖。 此外在全国人权征文大赛共80万人的应征里获胜,被选为「日本放送协会会长奖」,音乐以外的领域也广为活跃。 到现在为止,石川绫子作为一个小提琴独奏家不但接受来自日本的演出邀约,并且有来自澳大利亚·英国·俄罗斯·纽西兰·中国·新加坡·德国·越南·菲律宾·匈牙利等世界各地演奏委托,受到"Outstanding violinist with a charismatic talent"(杰出的天才小提琴家)的称赞,在各国的独奏会票经常抢售一空。 ソリストとしてイギリス・シンガポール・ニュージーランド・中国・ロシア・ベトナム・フィリピン・ハンガリー・香港・オーストラリア・日本など世界各地で演奏活動を行い、"Outstanding violinist with a charismatic talent"(カリスマ的才能を持つ傑出したヴァイオリニスト)と賞賛される実力派ヴァイオリニスト。若くして全豪一位となり、研ぎ澄まされた感性と超絶技巧から海外では『デビルズアヤコ』の愛称を持つ。 国立シドニー大学(The University of Sydney)/ シドニー音楽院(Sydney Conservatorium of Music)にトップで合格し、メリットスカラシップを受賞。同大学の最優等学位(First Class Honours)に選ばれ、首席で卒業。彼女の類まれな才能とヴァイオリニストとしての功績に対し、オーストラリア政府より国際的芸術家だけに与えられる永住権(Distinguished Talent Permanent Visa)を授与される。 4歳でヴァイオリンを始め、5歳よりロンドンに在住。ウェールズ皇太子後援の名門ロンドン音楽学校パーセルスクールに最年少で合格。その後、イギリス・日本に於いて数々の受賞経験を経て、15歳よりオーストラリアに在住。 シドニーでは、ダヴィッド・オイストラフの弟子 アレキサンドル・トディチェスク、ポーランドの世界的ヴァイオリニスト ワンダ・ウィルコミアスカ、中国の巨匠 ピーター・ジャング各氏に師事。 渡豪後、オーストラリアディプロマ国家試験に即合格し、Licentiate Music Diplomaと Associate Music Diplomaを同時に授与される。授賞セレモニーに於いて、オーストラリアを代表する演奏者としてシドニータウンホールでのソロ演奏を依頼され、好評を博す。 また名誉ある「豪学術音楽賞」を受賞。更にPan Pacific International Music Scholarshipを受賞する他、クーリンガイ フィルハーモニック オーケストラと、ソリストとして共演を果たす。またナショナル コンチェルト コンクールに於いては、オーストラリア全土トップ3に選ばれ、シンフォニー オーケストラとの共演でチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲を披露し、オーストラリア各紙に有望な若きヴァイオリニストとして取り上げられる。 その後オーストラリア全国共通試験HSCのMusic Extensionでは、審査結果100%(最高得点)が与えられ、演奏部門及び作曲部門両方に於いてシドニーオペラハウスでの披露セレモニー代表としてノミネートされる。 Performing Arts Challengeコンクールでは、エントリーした全ての弦楽器部門に於いて全優勝を果たし、また各楽器部門の優勝者が競う全豪ソリスト大会に於いても一位に選ばれ、名誉ある「全豪ベストパフォーマー」に輝く。 その他、2004年、The Elizabethan Theatre Trust Violin Scholarship を受賞。 2003年~2006年、Golden Key International Honours Society Award を毎年受賞。 2001年~2007年、オーストラリアミュージッククラブ主催によるソロリサイタル "AYAKO VIOLIN RECITAL" を毎年オーストラリア各地で開催。 2002年~2010年、各国の大使館・領事館主催文化セレモニーに於いて毎年ソロ演奏で出演。 2007年、シドニーヴァヴルガンホールにてソロリサイタル "AYAKO VIOLIN RECITAL" を開催。更に同年、サントリーホール(ブルーローズ)にて日本公演ソロリサイタル「石川綾子ヴァイオリンリサイタル」を開催。 2008年、ハノイオペラハウスにてベトナム国立交響楽団とソリストとして共演し、テレビ中継される。 2008年~2011年、豪華客船飛鳥Ⅱでは「世界一周クルーズ」をはじめ「南太平洋クルーズ」や国内クルーズ等に於いて、ゲストアーティストとして船上ソロリサイタル「石川綾子ヴァイオリンリサイタル」を毎年行う。 2009年、銀座王子ホールにて「石川あやこヴァイオリンリサイタル」を開催。同年、外務省・国際交流基金主催による「アジア・大洋州海外公演ツアー」で大洋州各国を周る。 2010年、ソロアルバム "AYAKO~天使はヴァイオリンを持つと魔女になる~"(CD+DVD2枚組)をリリース。収録曲の内2曲を国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン「途上国の子ども達を救うチャイルドスポンサーシップ」と日本ユニセフ協会のテレビCMに楽曲提供。更に同年、シドニー公演「AYAKO VIOLIN RECITAL~Sparkling Music ! ~」を開催し成功を収める。 2011年、日本公演 石川綾子ヴァイオリンリサイタル『あやこの音楽物語』をトッパンホールにて開催。更に同年、新しいスタイルのコンサートとして石川綾子ヴァイオリンコンサート『フレンズナイト』を開催し、高評価を得る。 2012年1月、ザング香港国際ヴァイオリン音楽学校の客員教授に就任。 2012年1月、東日本大震災被災地の南三陸町でチャリティーコンサート「新春講演会&石川綾子ヴァイオリンコンサート」開催。同年7月、東日本大震災被災地の一日も早い復興を願って、石川綾子作曲/復興支援曲『希望』KIBOU(Hope)(CD+DVD2枚組)<収益金全額寄付>をリリース。一般社団法人“Show Your Heart基金”のテーマ曲に起用される。 2012年11月、石川綾子ヴァイオリンコンサート"PASSION"を恵比寿アクトスクエアで開催。新しいスタイルのクラシックコンサートに挑戦し、幅広い年齢層より好評を得る。 2012年11月、電通ホールにて開催された東日本大震災復興支援チャリティーコンサート『PLAY FOR JAPAN Charity Concert with千の音色でつなぐ絆』にゲスト出演し、被災地の流木で制作されたヴァイオリンを演奏。 2012年度、住友生命27th 全国縦断チャリティーコンサート「石川綾子ヴァイオリンコンサート」に出演。 2013年、NPO法人ドネーションミュージック「PLAY FOR JAPAN with千の音色でつなぐ絆」<収益金全額寄付>東日本大震災復興支援チャリティーアルバムに演奏参加。世界配信される。 その他日本では、全国人権作文コンテストで応募総数80万作品の中から、「日本放送協会会長賞」に選ばれるなど、音楽以外の分野でも話題となる。 現在、演奏活動の拠点を日本に移し、安定した演奏技術力とトークセンスで、親しみやすいコンサートを展開。

石川綾子的留言板

正在载入,请稍候...