電気グルーヴ - 主页

随便听几首

電気グルーヴ歌迷最喜欢的歌曲

全部0首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 The Big Shirts

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 Missing Beatz (Album version)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 Shameful (Album version)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 P

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 Slow Motion

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 Prof. Radio

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 Upside Down (Album version)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 Oyster (私は牡蠣になりたい)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 電気グルーヴのSteppin’ Stone

播放 收藏 歌词 下载 铃声

電気グルーヴ的精选专辑

全部1张专辑

電気グルーヴ的个人档案

更多详细资料

1989年に石野卓球を中心に結成。1991年、シングル「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 300000000000) / TMN VS 電気GROOVE」でメジャーデビュー。その後、アルバム『FLASH PAPA』で本格的にデビューした。シングル「N.O.」や「Shangri-La」などのヒット曲で知られる。また、各種テレビ番組やラジオ番組への出演でも活躍している。 ディスコやテクノポップ、ダンスミュージックから、テクノ、エレクトロニカまで幅広い電子音楽の意匠を音楽的特徴とし、独特の毒を含んだナンセンスなユーモアで独特の存在感を持つ。結成当初はボーカルスタイルにラップの方法論を取り入れていた為、ヒップホップグループに分類される事も多かったが、1993年のアルバム『VITAMIN』のリリース以降、より純粋に電子音楽を主体としたスタイルへと移行する。その頃より日本国内での活動と並行し、MAYDAYへの参加など外国でのリリースやライヴ活動も精力的に行う。 一方、前身となったインディーズバンド人生に代表される、かつてのナゴムレコード周辺の「ナゴム系」バンドのユーモアによって真意を隠すスタイルも受継いでおり、特異な歌詞とパフォーマンス、発言の数々は音楽性と並んでサブカルチャー的な支持を集めている。日本では逆にそういった部分を苦手と言われる場合もあるが、一方で石野卓球が細川ふみえや篠原ともえをプロデュースした際はかわいらしい歌詞や、最高売り上げ記録を持つシングル「Shangri-La」などの、彼らの普段とは方向性が異なる曲もある。 現在はソロ活動も精力的に行っている。卓球は主に音楽面、瀧は主に映像面で活動している。タレント業とソロの方向性が違っており、それぞれ特異な才能を発揮している。 卓球は前述の篠原ともえのプロデュースや、ゲーム作品のBGMなども制作するなど活動の幅は広い。また瀧は映画「ステレオフューチャー」や「ローレライ」で重要な役柄を演じたり、漫画雑誌週刊少年チャンピオンで連載していた「樹海少年ZOO1」の原作を担当する(作画は漫☆画太郎)など、こちらも幅広く活動している。

電気グルーヴ的留言板

正在载入,请稍候...