鬼束ちひろ - 主页

随便听几首

鬼束ちひろ歌迷最喜欢的歌曲

全部0首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

鬼束ちひろ的精选专辑

全部0张专辑

鬼束ちひろ的个人档案

更多详细资料

鬼束千寻(1980年10月30日-),出生于日本宫崎县南那珂郡南乡町,O型天蝎座,身高154cm。为日本流行音乐创作型女歌手。 自幼受到双亲的影响(尤其是母亲),开始接触大量的西洋音乐,尤其是木匠兄妹(The Carpenters)等创作型歌手,多少影响了鬼束日后的音乐。就读高中时第一次接触美国创作女歌手珠儿(Jewel)的音乐后,带给她莫大的冲击。此后确定把音乐当作未来志向的她,便全力投注并付诸所有的时间在音乐创作上。高中时,鬼束千寻曾以自己的创作曲“call”参加甄选赛,即获得评审相当高的评价。1999年高中毕业之后,她只身前往东京发展,全新的环境带来丰沛的灵感,短短半年内创作出将近60首的作品。这些埋头创作的日子便成为日后在歌坛发展的基石,造就了现在的鬼束千寻。 2000年2月以单曲“SHINE”出道,第二枚单曲“月光”搭配电视连续剧圈套主题曲,因而知名度大开。不仅在半年内连续发行两张单曲,首张专辑“失眠《インソムニア》”更在发行首周登上Oricon排行榜冠军,发售一个月后突破百万销量。2001年12月,鬼束千寻以‘眩晕’荣获该年度《日本唱片大赏》作词赏;隔年3月再以‘失眠《インソムニア》’专辑拿下日本金唱片大赏的‘年度摇滚专辑’一奖。创作成绩屡获奖项肯定,成绩斐然。 歌唱事业急速发展的鬼束千寻,过于密集的行程却也对她的身体产生影响。从2003年9月开始,曾暂停演艺工作,两度离开歌坛、皆为健康因素所致。经过长时间的休养与沈潜创作,于2007年开始着手录制新专辑,并从事公开演出,同年5月30日发行单曲‘everyhome’,宣告复归演艺活动。除此之外,鬼束千寻还主持一网络直播节目,但因脱序演出而未受好评,网友推测为精神状况不稳定所导致。 2011年她以专辑“剑与枫”复出,承认出道以来就与失眠缠斗。 她所欣赏的音乐人,包括:珠儿(Jewel)、艾拉妮丝·莫莉塞特(Alanis Morissette)、雪瑞儿·可洛(Sheryl Crow)等,多为白人创作型女歌手,某种程度地反映了鬼束千寻对自己音乐路线的期许。 档案: 英文名:Chihiro Onitsuka 别名:ちーちゃん、鬼 出生日:1980年10月30日 出生地:宫崎県南那珂郡南郷町 学历: 宫崎県立日南高等学校 星 座:天蝎座 血 型:O型 身 高:154 cm 喜欢的饮料:可乐 座右铭:愈挫愈奋 再接再厉 最喜欢的一句话:疾风怒涛 喜欢的服装品牌:Milkfed 家庭成员:父・母・弟・妹,自身是长女 事务所: MELODY STAR RECORDS(2000年 - 2004年) Sony Music Artists(2004年 - 2005年) NAPOLEON RECORDS・乌龙舎(2007年 - ) 日文简介: 鬼束ちひろ(おにつか ちひろ、1980年(昭和55年)10月30日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県日南市南郷町(旧南那珂郡南郷町)出身。宮崎県立日南高等学校卒。身長154cm。所属事務所・レコードレーベルは、NAPOLEON RECORDS。 家族構成は、父・母・弟・妹の5人家族であり、自身は長女である。小学生の頃より部活で陸上を始める。中学時代は陸上部のキャプテンを務め、短距離400mリレー走選手として九州大会にも出場歴がある。 プライベートでは、お笑いコンビのシャカを誕生日パーティーに招待するなど社交的な面がある。休日の過ごし方は「家でゴロゴロしたり一人で買い物したりする」という。生活パターンは、昼夜逆転の生活を送っており、楽曲制作は専ら夜中(2〜3時頃)に行っているという。 自身の性格に関しては「人見知りしない性格」と分析している。また、所謂「熱しやすく冷めやすいタイプ」であり、例えば茶そばを3日間連続で食べ続けて飽きるなどのエピソードを公言している。 サインは、以前はドクロのイラストマークの下に「CHIHIRO」という文字をもってサインとしていた。現在は筆記体で「Chihiro」(Cの部分が鬼をイメージしたイラストマークとなっている)と書かれたものをサインとしている。 音楽性 楽曲制作の手法として大まかに、曲を先に制作してからそこへ詞を付ける作曲先行(いわゆる曲先)と、詞を先に書いてから曲を乗せる作詞先行(いわゆる詞先)の2通りがあるが、鬼束の場合は必ず詞先で曲作りを行う。これは鬼束が楽曲において歌詞を最重要視しているためであり、もし歌詞と曲がマッチしていない時でも、「詞の世界を壊したくない」「直感を大事にしたい」との理由で歌詞を変更することはいっさいなく、曲のほうを無理やり詞に合わせたり、曲のフレーズに詰め込む等の手法を用いる。曲作りは大抵夜中自宅の部屋の中で行い、思いついた歌詞を書き上げ(本人は「(歌詞が)降りてくる」と表現・説明することもあるが、神がかり的に受け取られることを嫌ってその表現を避けることもあった)、それに曲をつけるという方式が主である。常にその場で曲を作り上げるというが、例外として「everyhome」は曲を作り上げるまでに3日間を要したという。 楽曲については、元プロデューサーの羽毛田丈史が重視する、ピアノを基盤としたアンプラグドやアコースティックな生音での楽曲が主体で、ストリングスが用いられる楽曲も多い。鬼束の圧倒的な個性が出発点で、それゆえに、ピアノと鬼束のボーカルだけのパフォーマンスが究極の帰着点であると羽毛田は捉えていたようである。鬼束自身もアコースティックやカントリーな楽曲を好み、作曲もキーボードにて行っていることから、このスタイルを理想と考えていると思われる。羽毛田から音楽プロデューサーが変わった後も、ピアノを基盤とした楽曲制作は踏襲されているが、ギターサウンドやカントリーロックといったような、様々な編曲が試みられている。 作品制作においては、鬼束自身は、デモ音源を音楽プロデューサーに渡した後は一切楽曲の制作工程(アレンジやアルバム収録曲の選定や曲順決め等)には関与しない方針を貫いている。 作詞を始めたのは小学4年生の時の夏休みの自由課題がきっかけ。現在の作詞スタイルを確立させたのは中学2年生の時、アラニス・モリセットの世界観に影響されてからで、その時の詞は上京する際にすべて焼却処分したという。歌詞の書き方は「everyhome」の制作を皮切りに変化が生じている。活動休止前の制作スタイルとしては感情をぶちまけるように歌詞を書くというのが主であったが、活動再開後は「自分が他の歌手だったらこういう書き方をする」というように自分を客観的に見て歌詞を書いたり、映画の映像から見た印象をモチーフとして歌詞を書く(「everyhome」は『フォレスト・ガンプ』、「Sweet Rosemary」は『ギルバート・グレイプ』、「bad trip」は『スパン』等)ようにもなってきている。 歌う時は左手を上下運動させたり身体でバランスを取る。気持ちがいい・解放感がある・バランスがとりやすいという理由から、裸足で歌うことが多い。裸足でのステージが印象深い故に、裸足の歌姫と形容されている。裸足で歌い始めるようになったのはシングル「月光」発売頃で、2000年7月26日に出演した『ASAHI SUPER DRY MUSIC SPIRAL 2000』の時点では既に裸足で歌い始めている。歌うときは腕時計やチョーカーなど身体を締め付けるものは絶対に着けない。これは束縛感を嫌うためであり、厚着もしない。 好きなアーティストとして公言しているのは、ジュエル、アラニス・モリセット、シェリル・クロウ、アマンダ・マーシャル、メリッサ・エスリッジ、ジョニ・ミッチェル、ポーラ・コール、キャロル・キング、インキュバス、サイモン&ガーファンクル、トーリ・エイモス、Wink、岡村靖幸、THE BACK HORN など。

鬼束ちひろ的留言板

正在载入,请稍候...