戸川純 - 主页

随便听几首

戸川純歌迷最喜欢的歌曲

全部10首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 赤い戦車

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 好き好き大好き

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 バーバラ・セクサロイド

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 肉屋のように

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 蛹化の女

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 12階の一番奥

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 諦念プシガンガ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 Men's Junan

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 わたしが鳴こうホトトギス

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 怒濤の恋愛

播放 收藏 歌词 下载 铃声

戸川純的精选专辑

全部0张专辑

戸川純的个人档案

更多详细资料

小档案 戸川 純(とがわ じゅん、1961年3月31日 - )は、日本の歌手・女優である。本名:戸川 順子(とがわ じゅんこ)。東京都新宿区出身。関東学院大学中退。女優であった戸川京子は実妹。 小简介 幼少のころ、「ゲバゲバ90分」を見て、テレビに出たいと思い、「笑っていいとも」の1コーナー、「オレンジスキャンダル」で、話題を呼ぶ。 笑っていいとも!「テレフォンショッキング」のコーナーにゲスト出演した際、芸能界入りの動機として「小さい頃いじめられっ子だったので、(出世して)見返してやろうと思った」と語った。『宝島』誌におけるいしかわじゅんとの対談によると、戸川は子供のころ大変醜く、「太った山下達郎」と呼ばれていたという。いじめの理由を問うと、加害者たちは「ブスだからだよ」と笑いながら答えたとのこと。 中高生の頃は女優志望であこがれは李香蘭とクレオパトラだった。また高校時代、毎日屋上で、女優となるための発声練習や腹筋運動などをかかさずやっていた。 厳格な家庭で高校生までは「日曜日は外出禁止」であった。大学に入学した1979年から「日曜日も外出可能」となり、映画を見るため出かけていた日比谷公園で、たまたま、後にゲルニカでコンビを組む上野耕路が所属していたパンク・バンド「8 1/2」のライブを見てファンとなった。「8 1/2」の追っかけをしているうちに、メンバーと知人となり、彼らが出入りしていた渋谷の伝説的ロック・カフェ「NYLON100%」に入り浸るようになる。戸川は女優志望でミューシャンになるつもりはなかったが、「NYLON100%」で彼女がよく歌っていた李香蘭の「蘇州夜曲」を上野が気に入り、ゲルニカが結成されることになった[2]。 80年代初頭は、山崎春美率いる伝説的ユニット「TACO」のボーカリストであったロリータ順子(篠原順子、のちに早逝)とキャラがかぶっており、また個人的にも親交が深かった。 話し方に独特の間があるため、歌番組などのトークではその場が水を打ったような静けさになることがある。しかし、1人でしゃべるときはこの間があまり出ない。 1995年11月、ライブビデオの編集(無断発売)を巡って所属事務所と対立。このトラブルを苦に、自宅マンションにて自らの首を剃刀で切り、自殺を図る。その時に流れ出た血液で、部屋の壁に「皆憎」という文字を書いていた事が当時のマスコミに取り上げられて話題を呼んだ。 幸い、頸動脈に達していなかった事から無事に一命を取り留めたが、皮肉なことに、その7年後には、実妹の京子の方が自殺してしまった。 「不思議少女」キャラであるため、周囲にその種の女性が寄って来ることが多かったようが、本人はその種の人物が近寄ってくることを嫌悪していた。また、笑っていいとも!のコーナー「私、新聞・雑誌に出たことあります」に出演時には司会のタモリに「ちょっと近寄りがたいものありますが」と言われていた。 近年では「ヤンデレ」の元祖としても再評価されている。また、80年代当時も「ビョーキ」という言葉で形容されることが多かった。 香山リカの80年代回顧本『ポケットは80年代がいっぱい』に、デビュー前の戸川は「クリスタル族の女子大生」として登場している。 大事件 小学校在学中に、新国劇「王将」に子役として舞台に上がる。女優としては1980年にTBSのテレビドラマ、水曜劇場「しあわせ戦争」でデビュー。「ヤマハエレクトーン」のCM出演を経て、1982年9月に衛生設備メーカー「TOTO」の発売した画期的な新製品「ウォシュレット」のCM・キャラクターに起用され、話題を呼び注目を集めた。 ボーカリストとしては、1982年6月に、細野晴臣プロデュースで「ゲルニカ」の『改造への躍動』でアルバム・デビュー。1983年5月にはバンド、「戸川純とヤプーズ」名義でライブ・デビュー。ボーカルを担当し、そのサイケな世界観と圧倒的なライブパフォーマンスで話題になる。1984年にアルバム『玉姫様』でソロ・デビュー。シュールで独特な感性を活かし、以降は作詞も行う。その後も、アンダーグラウンドシーンの歌姫として、長きに渡り様々なバンドでボーカルを務める。代表曲は『玉姫様』、『レーダーマン』、『夢見る約束』、『隣りの印度人』など。『星の流れに』、『東京の花売娘』といった往年の流行歌を歌うこともあった。 また、いくつかのCDではライナーの執筆も手がける。日本のアンダーグラウンドにおいては、女性ボーカリストとしてPhew(フュー)と双璧を成す。また後にPhewの楽曲「終曲(フィナーレ)」をホッピー神山のアレンジでカヴァーする。近年はヤプーズ以外にも「MOST」の山本久土との「東口トルエンズ」(現在は休止)やギミギミギミックス(戸川純(Vo)、ブラボー小松(G))、筋肉少女帯・特撮の三柴理(Pf)とのゴルゴダ(ライブ活動のみ)など、新たなユニットでライブ活動を行う。 また、女優としても、その個性を活かしたテレビドラマでの特異な役柄や、『パラダイス・ビュー』『ウンタマギルー』のような先鋭的なインディーズ作品への出演、また松竹映画のメジャー作『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』の両作に出演[1]など、活躍。近年は、舞台を中心として活動している。 現在はメジャーではテイチクエンタテインメイテントとソニー・ミュージックダイレクトの2つのレコード会社に所属してるが、最近はいぬん堂というインディーズレーベルで作品は出していないが、ヤプーズと共にライブ中心に活動している。 2006年2月22日に完全限定生産でゲルニカのデビューアルバム『改造への躍動』、ソロ作品『玉姫様』から『好き好き大好き』、妹の京子のアルバム『B.G』などアルファレコード時代のアルバムがソニー・ミュージックダイレクトより紙ジャケットとして、ライブビデオ『玉姫伝』がDVDで復刻版として再発売された。 2007年、足と腰を負傷して、入院。退院はしたが、現在まだリハビリ中。また12月23日よりウェブラジオサイト「オールニートニッポン」より、パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」の代表人月乃光司と共にウェブラジオ「ハート温泉」のパーソナリティを勤めている。 2008年2月20日には、25年の芸能生活を統括した本人選曲による3枚組ベストアルバム『TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST & RARE 1980-2007』をリリースする予定だったが延期、戸川によると版権問題が大変な事になり延期したと語る。発売日は7月9日へ発売延期。その代わりか、2006年に発売した『玉姫様』『改造への躍動』がアンコール・プレスとして3月13日に、前回と同じ仕様で再発売された。

戸川純的留言板

正在载入,请稍候...