石原裕次郎 - 主页

随便听几首

石原裕次郎歌迷最喜欢的歌曲

全部60首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 別れの夜明け

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 狂った果実

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 男の友情背番号・3

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 二人の世界

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 雪国の町

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 恋の町札幌

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 北の旅人

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 わが人生に悔いなし

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 想い出

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 俺は待ってるぜ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

石原裕次郎的精选专辑

全部0张专辑

石原裕次郎的个人档案

更多详细资料

小档案 石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年12月28日 - 1987年7月17日)は、日本の俳優・歌手、石原軍団初代総帥、石原プロモーション創始者(元代表取締役社長兼会長)。永遠の大スター(日本人(中)が最も愛した(された)男)と称される。 小简介 石原 裕次郎(1934年12月28日-1987年7月17日),是日本兵库县神户市须磨区出身的日本著名演员、歌手。与美空云雀被视为日本战后最具代表性的演艺家之一。石原军团 (石原裕次郎制作公司「石原Promotion」的昵称)的领袖及「石原Promotion」第一任社长。 政壇名人石原慎太郎是他的哥哥。慶應義塾大學中途退學。妻子是前日活頭牌女星北原三枝(藝名,婚後引退,本名為石原まき子)。 石原裕次郎年幼的时候体质虚弱。任职船公司的父亲,曾辗转调任到兵库县神户市须磨区、北海道小樽市、神奈川县逗子市等地,因此过着比较富裕的童年生活。 1956年在庆应义塾大学法学部退学后,兄长慎太郎的「太阳族」文学作品《太阳的季节》(芥川赏受赏作) 拍成电影(长门裕之和南田洋子主演)。同时,慎太郎另一套「太阳族」作品《疯狂的果实》(中平康执导)也被改篇成为电影,由裕次郎担任主角(参演的演员有津川雅彦及北原三枝),大受欢迎。翌年《呼唤暴风雨的男人》令裕次郎人气急升,晋身至大明星的行列。 石原裕次郎歌影两栖,与小林旭(美空云雀的前夫)均为日活的头号皇牌演员。日活在1971年决定转移制作路线,改拍成人软性色情电影,石原裕次郎便改往电视剧方向发展,并成立「石原Production」,以制作人和演员的身份活跃于电视圈。代表作品包括长寿警匪剧《向太阳怒吼!》(港译:追辑令)、《大都会》及《西部警察》。 1978年证实患上舌癌。1981年患上解离性大动脉瘤,一度性命垂危,但成功完成割除肿瘤手术。期间与妻子和好友渡哲也(石原军团成员)及石原军团上下仝人携手共渡难关。其后再证实患上肝癌,1987年7月17日下午4点26分在庆应义塾大学病院去世,享年52岁。 石原裕次郎终其一生嗜烟酒,爱吃肉类而偏食蔬菜。普遍认为这种不健康的生活及饮食习惯,是石原裕次郎壮年逝世的理由。 石原慎太郎为悼念弟弟裕次郎,写下传记《弟弟》一书。2004年朝日电视台改篇成电视剧。 父・潔 母・光子の次男として生まれる。実兄は慎太郎。父の転勤により、兵庫県神戸市須磨区→北海道小樽市→神奈川県逗子市と港町に育つ。稲穂国民学校時代に水泳(競泳)や天狗山 でスキーに親しむ。自宅から学校までスキーで通ったこともある。逗子中学校時代からはバスケットボールに熱中し、将来はオリンピック出場を夢見るスポーツ少年であった。近所の人と野球チームを結成し、レフトとして活躍したこともあった。彼の才能は絵画・彫刻・写真等に花開いていき、母親に東京芸術大学への進学を薦められた事がある。特にサルバドール・ダリの影響を受けたようで、特徴をみせた人物画や自画像、似顔絵を残している。 その後慶應高校を目指すが受験に失敗し、慶應農業高校に籍を置くが、悪友たちにそそのかされ酒と女とケンカ三昧の日々に入る。この頃はかなり裕福な生活を送っており、16歳の時に父より当時の日本では珍しかったヨットを与えられた。これをきっかけに、ヨットに情熱を傾けるようになった。父の影響と海への憧れから将来は世界を股に駆けるような船乗りになることを希望していた。学ランの中に赤色のセーター(トレンチコート)を着て、女子高生から注目されていたという。裕次郎カット等は誰もが真似をしたといわれている。 1951年に慶應高校に入学し再びバスケットボールに熱中するが、左足膝に大怪我をしたため選手生活を断念する。17歳の頃、父親の突然の死のショックにより再び酒と女、そして喧嘩と麻雀三昧といった放蕩の日々に入る。 その後慶應大学法学部政治学科に進学したが、俳優を目指し東宝と大映、日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦もあり、兄の芥川賞受賞作である日活作品『太陽の季節』の映画版でデビューした。『映画化に際して、日活に原作を依頼された兄は弟の主演を条件に出していた。 裕次郎は遅刻が目立ったために、世田谷区の水の江の自宅に住むようになる。デビューして与えられた仕事は髪型モデルである。後に若者の“太陽”(カリスマ)として登りつめ、カメラマンの伊佐山三郎をして、「彼はとんでもない大物になる。阪妻の再来だ。」と言わしめたことがある。 ちなみに劇中での結婚シーンがないのは「映画を見た人に夢を与えるためである」と考える日活の方針だったといわれている。 翌1957年に映画化された『狂った果実』に主演した。それは衝撃的な内容と演技が話題を呼び大ヒット。この作品以降裕次郎の人気は決定的なものとなった。川島雄三も「これからは彼の時代だ」と絶賛した。多忙のため1957年に大学を中退している。母は「大学を出るまでは学業に専念せよ」と望んでいたからである。 意外にも副業にも手を出していて四谷でステーキハウス「フランクス」を経営していたことがある。彼はペン字も達筆で(手紙において多い)、英語も読み書きが出来たそう(映画・曲で随時流暢なアメリカ英語を披露している)である。 これ以降立て続けに主演映画がヒットし、ブームが起こる。プロマイドでも常に1位、庶民性が大衆に支持されたからである。客が殺到して、草履や羽織まで落ちていたという逸話もある。常に彼はファンからの声援にこたえるため「歌手ではない。俳優だ。」と言った。1959年には成城に豪邸を完成させ話題となった。 人気が絶頂を迎えた1960年に女優の北原三枝と結婚。裕次郎はデビューする前から北原のファンで、いくつかの映画で共演もしていた。当時、映画スター同士の結婚はタブーであったが、北原とアメリカへ逃避行を遂げ、日活の堀久作社長が二人の交際を認めて帰国した。結婚後の記者会見で「独身最後の夜だと思って、ハシゴ酒をあおり、5:30に帰ってきた。」というエピソードがある。 担当マネージャーは関町進。担当のテーラーは遠藤千寿。日活は石原と小林旭、赤木圭一郎、和田浩治、ら若手スターを日活ダイヤモンドラインとして売り出し、主演映画のローテーションを組んだ。 1963年には五社協定を振り払って、株式会社石原プロモーション設立し活動を続けた(設立の理由は赤木圭一郎の急死と言われる)。役者が壁なく仕事ができるのは、五社協定があったからとされる。また、海外作品『素晴らしきヒコーキ野郎』へ出演するなど幅広い活動を行った。当時の映画スターの例にもれず、暴力団関係者との付き合いも深く、1965年には暴力団国粋会のピストル密輸事件に絡み家宅捜索を受け、後に銃刀法違反で有罪となる。1968年 には三船プロとの合作で『黒部の太陽』を制作し大ヒットしたまた芸能人所得番付が5000万円(当時)→8000万円(当時)と別格であった。映画評論家渡辺武信をして「文芸ものからアクションに変えてしまった。」と言わしめた。 交友関係が広いことでも有名で、必ず挨拶のときは立ち上がり、握手をする。落語家の林家三平とは家族ぐるみの付き合いや六本木、銀座での飲み仲間でもある(後に三平一家と石原軍団との付き合いに発展して、裕次郎・三平が共に亡くなった現在も兄弟の襲名公演の協賛を石原プロモーションにするなど深い関係は続いている。)司葉子、(同様な例に映画でジャニーズと共演したことをきっかけとして親密となっているジャニーズ事務所も挙げられる)歌手の美空ひばりや、俳優の勝新太郎とは義兄弟の契りをかわしていたと言われる。高倉健は葬儀には参列せず静かに見守るだけであった。また安藤昇とは犬猿の仲である。 交友の広さはスポーツ界にもおよび、栃錦、若乃花、朝潮、力道山や往年の読売ジャイアンツのクリーンナップ2人と親交が深く、長嶋茂雄を「しげ」(ベースボールマガジンで対談経験も持つ)、王貞治を「さだはる」と呼んでいた。特に長嶋との親交は深く、1962年には夫人とともにアメリカに年始旅行にも行っていた。他に池田勇人、青木功、エルビス・プレスリー、岡本太郎とも交遊している。 口癖は「うん」 なお自然を愛したこの頃も学生時代から続けていたヨットレースを続けていた。ヨットにかける情熱は俳優活動よりも強かったと言われ、例として初の太平洋単独横断を行った堀江謙一の実話をモデルとした『太平洋ひとりぼっち』に主演した(この作品が石原プロモーション設立後の最初の作品である)。 また映画の撮影やヨット活動のために度々訪れていたハワイが一番好きな場所であり、静養のためにハワイに別荘を所有していた。現在、正月をハワイで過ごす芸能人が多いが、そのハシリとなった人物である。ハワイで過ごすようになった原因は依頼人に断りを言い続けるのを気にしたからといわれている。 他にも、当時日本では力道山と三橋美智也と裕次郎の3人しか個人で所有していなかったと言われるメルセデス・ベンツ 300SL(ガルウイングのシートは深紅。ただし車体はシルバー)を所有していた他、ロールスロイス(シルバースピリット)<このときは後部座席に座っていた。>やキャディラックなど複数の高級車を所有するほどのカーマニアであった。 実はキャンピングカー(撮影用・特製車両)を所持している。ヨットをイメージしており内部は彼自身がデザイン(海とヨットをイメージし、白いボディーには赤と青のラインが描かれている)と設計(船体にある丸窓やキャプテンシート)を手掛けたという。3500万円で購入したが、その内の3000万円を内装などにかけたといわれる。彼の闘病中には大勢のファンが励ましのメッセージを車体に書き込んだ。 ラッキーカラーは赤。ゴルフはハンディキャップがシングル(バッグもヘッドカバーも赤)の腕前。 彼の変革は1972年に始まる。また俳優としての仕事において同年には日本テレビ『太陽にほえろ!』に出演。これを期に映画を離れ、本人はテレビドラマに足場を移す。プロデュースも同時に力を入れ始めた。 その後、同じく「大都会」シリーズを制作し、事実上続編の『西部警察』が大ヒットを飛ばす。1980年1月には成城の自宅(上神明遺跡内)において、古墳時代の遺跡、土器が発見されたこともある。 1981年に解離性大動脈瘤で入院し、手術によって奇跡の復活を果たす。手術成功のあと、慶應義塾大学病院の屋上から、手を振るシーンがお茶の間に感動を与えた。この時の担当医の一人が、後に宇宙飛行士となる向井千秋である。この件を巡っては見舞い客は12000人、手紙5000通、花束2000束、千羽鶴1000束、さらには彼の車のボディーにも励ましのメッセージを書く人もあった。 アニメ映画『わが青春のアルカディア』で初代ハーロックの役で声優デビューしている。その出演時間が約5分間であったにも関わらず出演料が1000万円以上であったため話題となる。このあたりからポップス路線に完全に切り替わった。 その後肝細胞ガンに侵されるが、最後まで告知されないまま俳優および歌手活動を続けた。兄の慎太郎は「本人に癌であることを告知すべきだ」と主張したが、石原プロの小林正彦専務は「もし今回の病の正体を告げたら自ら命を絶ちかねない。」と否定。慎太郎は「裕次郎に考える時間を与えよ。彼はそんなに、やわな男じゃないよ。」とも反論したが、小林の考えを受け入れて告知しないことに決めたという。まき子夫人も病気と悟られないように演技をしていたと語っている。 1986年の『太陽にほえろ』の最終回にて「1シーンだけ自分の言葉で語らせてほしい。」と言う彼のリクエストにより、10分間にわたり命の大切さを語っている場面がある。(内容は解離性大動脈瘤で手術したときの事を彼に照らし合わせたものである。) 1987年1月9日にテレビ朝日『ミュージックステーション』にてハワイからの衛星生中継に登場し、近況報告を行い「BEYOND THE REEF」を現地から熱唱した。これが最後のテレビ生出演となった。 ハワイ滞在中にも体調の悪化が見られた裕次郎は帰国して治療を受けることを嫌がっていたが、畏友であった宝酒造会長:大宮隆の進言により帰国を了承した。写真はその年の4月が最後であった。その後は外出許可を出されても拒み、幻覚症状が出た。 1987年7月17日金曜日16時26分に入院先の慶應義塾大学病院にて肝細胞癌で死去した。享年52歳没。実は幼少時代から肝臓は悪かったといわれている。 7月19日に関係者による密葬が行われ、8月11日に青山葬儀所で石原プロモーション&テイチクによる合同葬が行われた。その後海洋葬として海に散骨した。理由は慎太郎が湘南の海が好きだった裕次郎の遺骨を散骨したいと願い出たからである。その間の1990年に映画の殿堂入りを果たしている。 戒名は陽光院天真寛裕大居士。墓は万成石五輪塔で神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられている。墓碑には夫人が彼に対するイメージを詠った詩が刻印されている。 大事件 1956年:この頃まで、酒とたばこと女に溺れる無職の日々を送る(高校生の頃に黄疸が出る)。 1957年:自由が丘で無免許運転し右足打撲(もう一つは映画ロケ中にデッキチェアーに手を挟み右手薬指負傷)。 1961年:志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し右足首粉砕複雑骨折(後に右太股腫性膿瘍の手術で入院)。 1964年:ハワイでヨット乗船中に右瞼を11針縫う。 1965年:ヨット乗船中に腹痛のため大会を途中断念。 1967年:右手親指骨折及び左足打撲で入院。 1968年:右足打撲で全治1ヶ月入院。 1971年:心労と胸部疾患(後に急性肺炎→肺結核)のため映画宣伝中に入院。 1974年:階段から転倒し左肩打撲(後に左鎖骨骨折) 1978年:舌下潰瘍(舌ガン)で入院し悪性と診断される(1983年再発)。 1979年:舌下白板症と診断され術後部に潰瘍ができ再び手術。 1981年:背中と胸に激痛が走り椎間板ヘルニアと疑われる。そしてついに生還率3

石原裕次郎的留言板

正在载入,请稍候...