キッサコ - 主页

随便听几首

キッサコ歌迷最喜欢的歌曲

全部0首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 孤守唄

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 透明トレイス

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 ちっこい旅にでる

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 こころひらり

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 ラブレター

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 拝启 君へ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 影踏み游び

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 少年メロス

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 梦で逢いましょう

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 うちかえろ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

キッサコ的精选专辑

全部1张专辑

キッサコ的个人档案

更多详细资料

薬師寺寛邦、麻生優作、山元サトシからなるフォークボーカルユニット

薬師寺寛邦、麻生優作、元メンバーの田中まさやは京都・渡辺大之伸氏主催のヴォーカルスクール"Dee-cool"で出逢い、
互いに影響を受けながら共に歌い始め、2003年「キッサコ」を結成。 同年、サウンドプロデュースに西慎嗣氏を迎え、 インディーズレーベルjapanative recordsよりシングル『ハイム~郷愁~』を発表。 西日本キャンペーンを敢行、各地で大盛況を呼び、 福岡のキャナルシティではおよそ300人の観衆の前でライブを行う。 2004年、京都という街の魅力に惹き付けられ、 京都の美しい風景を描いた『花街』を発表。 その年、本願寺聞法会館にて隔月の主催コラボイベントを開催、 生け花、書、紙芝居など、日本の伝統文化との様々なコラボレートライブを開催。 11月28日には京都・永運院にてワンマンライブを行う。 2005年は関西全域でのショッピングモールライブ、ストリートライブを展開、 着実に力を蓄え、10月30日に京都・藤平陶芸所にてワンマンライブを開催する。 この2年間で約300ステージを越える[1]

その後、メジャーデビューを目指し上京、横浜に拠点を移す。 2006年4月23日、河島英五 tribute LIVE ~月の花まつり~に出演、 アナム&マキハセガワミヤコと共演する。 2006年7月インディーズミニアルバム『ラムネ』を発表、 7月13日に逗子海岸にある夏季限定ライブハウス、「音霊-OTODAMA-」に出演。 8月は、北九州・四国キャンペーンを行い各地で大盛況を呼ぶ。 また、桜木町・溝の口にてストリートライブを敢行、 この頃、手売りのみでそれまでのトータルセールスが1万枚を突破する。 2007年4月27日には、恵比寿天窓switchにて都内初のワンマンライブを開催。

2007年11月ヤマハミュージックコミュニケーションズより『拝啓 君へ』で、メジャーデビュー。 「weeklyぴあ」CD満足度ランキングにて2位を獲得、FM横浜FM石川文化放送で推薦曲、ヘビーローテーションとなる。 その後、全国にてキャンペーンを展開、12月4日には東京・DUOにてワンマンライブを行う。 2008年6月より、皆さんの使わなくなったものを物々交換する&キッサコライブというリサイクルイベント、「キッサコのとっかえ市」を開催。 2008年7月、2ndシングル『こころひらり』をリリース、 AIR PLAY CHARTにて4位、「weeklyぴあ」CD満足度ランキングにて7位を獲得する。 7月17日に京都・高台寺にてワンマンライブを行う。 8月には結成6年の集大成ともいえる初のフルアルバム『喫茶去』をリリース。 インストア・ラジオ公録など様々なキャンペーンを展開。 8月23日、広島の野外フェスSOUNDMARINA 2008にオープニングアクトとして出演。 12月21日岡山にて、STOP!温暖化OKAYAMA2008『晴れたらいいね』に出演、 「キッサコのとっかえ市」も出張し、大盛況を呼ぶ。

しかし2009年に入り、田中が病気療養のため脱退。 それを受け一時「キッサコ」としての活動を休止していたが、 同年6月、新メンバーに山元サトシ(真ん中)を迎え、新生「キッサコ」として活動再開する。

同年10月、自身のレーベル"IROHA records"を立ち上げ、その第一弾シングルとして「おもひでめぐり」をリリース。 11月は、元ソルトレイクオリンピック代表でスキージャンパーの山田大起選手のオフィシャルサポートソングになっている「明日分の勇気」をリリース。なお、このCDの売り上げの一部は、現在フリーで活動している山田選手の活動資金となっている。 2010年に入り、1月には「面影」をリリース。4月6日は「ココロガワリ」をリリース。 9月11日、西本願寺の開催する安穏灯火リレーのテーマソング「道」をリリース。 カップリングの「からたちの心」は仏教讃歌である。

薬師寺寛邦が2011年春より仏門の修行に入るため、2010年からの一時的な活動の休止を予定している。その間、麻生優作、山元サトシの2人はそれぞれソロでの活動を予定している。[2]

ユニット名は仏教用語の「喫茶去」(「お茶でものみながらごゆっくりと」

キッサコ的留言板

正在载入,请稍候...