釘宮理恵 - 主页

随便听几首

釘宮理恵歌迷最喜欢的歌曲

全部0首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 全力アイドル (M@STER VERSION) (オリジナル・カラオケ)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 全力アイドル (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 七彩ボタン (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 カプチーノ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 風立ちぬ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 99 Nights (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 ONLY MY NOTE (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

釘宮理恵的精选专辑

全部1张专辑

釘宮理恵的个人档案

更多详细资料

钉宫理惠,1979年5月30日出生于日本的大阪府,是日本著名女性声优、歌手,在日本熊本县熊本市长大。所属事务所为I'm Enterprise。代表配音角色有《灼眼的夏娜》夏娜、《龙与虎》逢坂大河、《旋风管家!》三千院凪、《零之使魔》露易丝、《钢之炼金术师》阿尔冯斯·艾尔利克、《银魂》神乐、《妖精的尾巴》中的哈比等。 个人档案: 日文名:钉宫 理恵 平假名:くぎみや りえ 罗马字:Kugimiya Rie 性别:女 国籍:日本 出生地:大阪府 成长地:熊本县熊本市 出生日期:1979年5月30日 兴趣:读书、园艺 特长:接力棒 爱称:くぎみー、くぎゅ、钉钉さま、钉ちゃん、钉様 出道作品:佐伯悠见(étude prologue[游戏])、メンタマル星人(キョロちゃん) 英语资格:英语准2级 三围:B78、W59、H85 体重:45kg 身高:159cm 血型:B型 星座:双子座 性格:开朗活泼、温柔善良、勇敢坚强 喜欢的异性类型:老实忠厚 喜欢的地方:图书馆 喜欢的食物:荔枝、生肝片(レバ刺し)、面类 讨厌的食物:香菇和黏巴巴的东西(特别是纳豆与秋葵) 喜欢的动物:狗 喜欢的电影:功夫,少林足球 喜欢的颜色:blue,pink,white,red, 语言:日语,英语,法语等 住所:东京 喜欢的作家:村上春树 喜欢做的事情:看书,做声优,管理书 经纪公司:I'm Enterprise 出道时间:1998年 主要成就: 2008年第2届声优奖最佳女配角奖 2009年第3回声优奖主演女声优奖 个人简介: 外形和心智成极大反差的类型,是她的拿手好戏。虽然出身于熊本县熊本市,却被自己广播的听众误认为是熊本县八代市出身。另外,双亲都出身于关西,说的是关西腔(近畿方言),也因此似乎不太会熊本腔。因为音质的特别,钉宫理惠的声音明显是属于后发型的那种,当她需要听起来会温柔但是中性一点的时候,会在鼻间沉一下再出声,加上天性中的柔润质感,明明音色圆润却又会显得透明,就更是显出十足的别致。觉得自己属于任性型的女生,像是《爆弹小新娘》的女主角莉采儿那样的个性。因于不少作品中演出如『灼眼的夏娜』中的夏娜、『加奈日记』中的久地院美华、『零之使魔』中的露易丝、『旋风管家』的三千院凪、、『绯弹的亚里亚』的神崎·H·亚里亚、『龙与虎』的逢坂大河和『染红的街道』的片桐优姬等傲娇系女主角而有着「傲娇女王」(ツンデレの女王)的别称。由于经常演出设定相近的角色,因此就有粉丝形容钉宫的招牌是傲娇贫乳双马尾。 声优的契机是因为在高中的时代有参加广播社,那时候就觉得在麦克风前播音让全校都可以听到自己的声音很有趣。加上本身从小就很喜欢故事书,所以比起广播、记者那类型像是念稿的播报就不太有兴趣。简单来说就是比较喜欢充满幻想和有情感的故事,所以才会成为声优。如果不是声优的话,想从事图书馆的管理员,因为从小就很喜欢看书。最近喜欢的书是村上春树的《1Q84》。 声音特点: 说话带有鼻音且音调颇高,因此常扮演小学生左右的好强少女。与金田朋子、古山贵实子有相同的声音特质,一同被认定是兴梠里美及金井美香(即萝莉声声优)的接班人。 演出『十二国记』的泰麒,扮演堂堂少年的角色,颠覆了观众原本“萝莉专门声优”的印象。之后又演出『钢之炼金术师』的阿尔冯斯·爱力克(十二国记和钢之炼金术师的音响监督都是三间雅文)。此后,演出正太系少年的机会逐渐增加,比较出名的正太系角色为隐王的六条壬晴和数码宝贝拯救者(Digimon Savers)的野口郁人,声线是属于多变的。 因此才能出演无数个的角色。无论是傲娇的,成熟的,冷酷的,妩媚的,美丽的,帅气的等,都是无法抗拒的。 不只傲娇三无御姐,其他类型的角色,男女老少非人类等都有配过。其声线有一种温柔的感觉,听上去很舒服,因此受到广大萝莉控的爱戴。 日文简介: 釘宮 理恵(くぎみや りえ、1979年5月30日 - )は日本の声優。アイムエンタープライズ所属。大阪府生まれの熊本県熊本市育ち。身長159cm。血液型はB型。 1997年、日本ナレーション演技研究所主催の第1回声優サマースクールにて、「アイムエンタープライズ&私たち翔びます賞」を受賞。その後、アイムエンタープライズ所属となる。 デビュー当初は金田朋子、こやまきみこらと共に、ポストこおろぎさとみとかないみか(≒ロリ声声優)の有力候補と目されるアイドル声優の一人のような感じであったが、後に『十二国記』の泰麒、『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エルリックといった少年役にも多く起用されるようになってからは、様々な役を担当する声優というイメージが強くなってきている。 また、『灼眼のシャナ』シリーズのシャナを始め、『ゼロの使い魔』シリーズのルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、『マリア様がみてる』シリーズの松平瞳子、『ハヤテのごとく!』の三千院ナギ、『とらドラ!』の逢坂大河といったツンデレ系ヒロインを複数の作品で担当しているほか、ワンセグTV SEGNITY(いわゆるツンデレTV)、ツンデレカルタ、∞プチプチ ぷち萌えといったツンデレ、萌えの要素をもつ商品に起用されるなど、「ツンデレの女王」という異名もある。 2008年、第2回声優アワードサブキャラクター女優賞を受賞した。 釘宮の熱烈なファンや彼らの挙動は「釘宮病」と呼ばれている。これは、釘宮への(しばしば度を越した)支持を表すネットスラングである[5][6]。言うまでもなく、これは本物の疾病ではない。 好物は、ライチ・レバ刺し・麺類(学生時代によく夜食で食べていたとラジオで語る)。中でも特にレバ刺しが大好物で、ゲスト出演したラジオ番組『美佳子@ぱよぱよ』のクイズコーナーで、全問正解した際に貰える好きなもの一年分にもレバ刺しを挙げていた程。逆に嫌いな食べ物は椎茸とネバネバしたもの(特に納豆やオクラ)である。 好きな映画は『マッハ!!!!!!!!』『七人のマッハ!!!!!!!』『少林サッカー』『カンフーハッスル』。アニメは『鋼の錬金術師』。キャラクターは眼鏡をかけたキャラクター。 ペットでヨークシャー・テリアを2匹飼っている。名前は「まっしゅ」と「まろん」。 本人曰く、人見知りな性格で気心知れた人には砕けた言い方をすることがある。 妹がいて、可愛がっている(『妹にまとわりつかれて眠れないCD』のフリートークより)。 一人称は理恵又は私と呼ぶのが大半だが、たまに俺や僕やワシと呼ぶこともある。 『銀魂』で共演している杉田智和からはオヤジ臭いとよく言われており、本人も自覚している。 同事務所の田村ゆかり、中原麻衣、植田佳奈、斎藤千和、高橋美佳子と親交が深い。白石涼子、三瓶由布子、沢城みゆきとも親交が深い。また、『灼眼のシャナ』シリーズで共演した生天目仁美や伊藤静とも仲が良い。 豊口めぐみと漫画家の藤井みほなと「ミュージカル同盟」を組んでいる(『超GALS!寿蘭』つながり)。 『鋼の錬金術師』で共演した朴璐美と仲が良く、ある日彼女に呼ばれ部屋の掃除をさせられた。 また朴とともにパーソナリティを務めたラジオ番組『ハガレン放送局』にて朴に、可愛いが腹黒いという意味で「黒いコスモス」と形容されている(「腹黒子」とも言われた)。 『灼眼のシャナ』・『ゼロの使い魔』・『ハヤテのごとく!』など日野聡や三宅健太との共演が多く、このうち前者2作品には、日野が主人公の少年、釘宮がツンデレ少女を演じているという共通点がある。 『ハヤテのごとく! Radio the combat butler』#9に田中理恵がゲスト出演した際は同名なのを遠慮して最初「私」と呼んでいたが、会話が打ち解けるにつれていつもの「理恵」に戻っていった。 『うたわれるもの』で共演したメンバーで食事や旅行に行くことが多く仲が良い。小山剛志からは、「あにめ」と呼ばれている。 エピソード かつてテレビ朝日で放送された『爆笑問題のボスキャラ王』内の声優志望の女の子の部屋を訪問する企画で、当時まだ声優志望であった釘宮の部屋を爆笑問題の太田光が訪問したが、女の子らしくない殺風景な部屋だったため、企画が台無しという流れになり、芸風として太田が釘宮を怒鳴りつけることになった。声優となった後の2005年には、爆笑問題が司会の『日本全国徹底調査!好きなアニメランキング100』で上位にランク入りした『鋼の錬金術師』のインタビューを受けている。 2001年7月から放送されたインターネットテレビ番組『釘宮理恵のSister Communication』で、自身初の冠番組にして単独パーソナリティーを務めた。この番組では、番組のコンセプトである「視聴者=兄(もしくは姉)、釘宮=妹」という設定を演じつつ、番組を仕切らなければならなかったが、多少のハプニングこそあったものの、最終回まで見事に徹底して務めあげた。なお、最終回では冒頭で「最後だからって、理恵は泣かない!」と宣言していたが、エンディングを前に感極まって号泣してしまった。しかし、号泣しながらも、最後まで「妹」という設定を演じ感謝を述べた。 前述の通り、「ツンデレの女王」の異名を持っていることから、文化放送の『A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』内で、浅野真澄や鷲崎健から「ツンデレ産業=釘宮産業」と本人の知らぬところで評された。

釘宮理恵的留言板

正在载入,请稍候...