Salley - 主页

随便听几首

Salley歌迷最喜欢的歌曲

全部12首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 流星ラヴァー

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 キスしてbaby

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 籠の中

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 #581

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 Life

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 眩暈

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 グッバイ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 冬が来る

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 Key

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 Boys & Girls

播放 收藏 歌词 下载 铃声

Salley的精选专辑

全部12张专辑

Salley的个人档案

更多详细资料

うらら 大阪府出身。中学でアコースティックギターを始める。2011年東日本大震災をきっかけに“自分が出来ることは音楽だけだ”と、大阪市内の大学を中退し、両親の反対を押し切り独り上京。シンガーソングライターとして活動する中でギターの上口と出会い、Salleyを結成。 上口浩平 福井県出身。Salleyのギター、作曲、アレンジを担当。高校在学中に地元でバンドを結成し、8年間活動したが2009年に解散。上京してボーカルうららと出会う。 小简介 透き通るようなアイリッシュ感と哀愁を帯びたロックサウンドで、邦楽シーンの真ん中を射る極上ポップデュオ。 日本人のシンガーには珍しい地声とファルセットを巧みに操るこぶしや唄い回しが洋楽的で、オリジナルな世界観を生み出している。 そのユニット名はアイルランドの伝統音楽「Down by the Salley Gardens」に由来する。 音楽性は既存の枠を超えた良質なクロスオーバーミュージック。 いよいよ5月29日デビュー 新世代の極上ポップデュオが歌い奏でる アイリッシュの哀愁を秘めた歌とロックサウンド 「何か運命的なものに呼ばれてたのかもしれない」 Salley結成に至る話の中で、ボーカルのうららはそんな言葉を口にした。幼い頃から歌や音楽が好きで、本格的にボイトレを学んだこともある大阪出身のうらら。音楽活動に専念するため大学を中退するときさえ止めなかった両親の反対を押し切り、一大決心の末に上京。そして間もなく、ギタリスト&コンポーザーの上口浩平と出会う。 「上京を決めたのが震災直後だったんです。それで母が、来年でもいいんじゃないの? って。一瞬、躊躇する気持ちも頭をよぎったけど、でも今行かなくちゃ! って。で、上京してわりとすぐに上口くんと出会ったから、やっぱり運命っていうか、自分の直感を信じてよかったと思います」(うらら) 一方、地元、福井県でのバンド活動に限界を感じて上京していた上口にとっても、それれは同じだった。都内のライブハウスでギター片手に歌っていたうららの伸びやかで透明なその歌声を聞いて彼がひらめいたのは、「J-POPとアイリッシュトラッドの哀愁とエモーションの融合」。その最初の結晶となるのが、デビューシングル『赤い靴』だ。 曲名通り、うららがてがけたこの曲の歌詞は、アンデルセンの童話『赤い靴』がモチーフとなっている。祖母の死に際でも、厳粛な葬儀の場でも、何度とがめられても赤い靴を履き続ける少女は、いつしか脱げなくなった赤い靴を履いたまま踊り続け、疲れ果てた末に脚を切り落とす。そして切り落とされた脚は踊りながら森の中へ消えていく……。うららにとって、あらがえない運命に踊らされる『赤い靴』の鮮烈なイメージは、諦めようとしても諦めきれなかった<音楽>への思いと重なるのだという。 「いろんなものになじめなかった小学校時代の反動もあって、周囲に合わせようと中学時代は音楽の道をいったんあきらめたんです。でもどうにもならない葛藤みたいなものがあって、高校になってやった趣味がライブで、大学に入って加入したのがバンドサークル。もはや、もし主婦やOLになったとしても私はきっとどっかで歌うんだろうなって思うんです。上口くんの作ったこの曲を聞いてそういう<大人になりたくない>と思う部分とか、でもどんどん将来を決めていくみんなに置いていかれる不安とか、自分としては隠しておきたい気持ちが、『赤い靴』のイメージと共に自然と引き出されていったんです」(うらら) 透明で繊細。だがそこには凛とした力強さを感じるうららの歌声と、BメロからCメロに突入した直後、目の前に一瞬にして広大な景色が広がる上口の奏でるギターサウンド。それはまさしく上口が最初に思い描いた、「J-POPとアイリッシュトラッドの哀愁とエモーションの融合」のイメージとシンクロする。 「うららの歌声って、ザ・クランベリーズとかのアイリッシュトとロックが融合した哀愁とか力強さがあると同時に、ポップな要素もある。このうららの声を活かして、Salleyならではのサウンドや世界観を追求していきたいですね」(上口)

Salley的留言板

正在载入,请稍候...