下田麻美 - 主页

随便听几首

下田麻美歌迷最喜欢的歌曲

全部0首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 放課後ジャンプ (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 Do-Dai (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 Yeah!めっちゃホリディ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 WHITE BREATH

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 静かな夜に願いを… (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 ONLY MY NOTE (M@STER VERSION)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

下田麻美的精选专辑

全部1张专辑

下田麻美的个人档案

更多详细资料

小档案 下田麻美(1986年1月30日-)是日本女性声优、舞台剧演员,鸟取县出身,血型A型。ARTSVISION所属,是日本旁白演技研究所的优异生。昵称有“あさぽん”、“アーサー”、“ゲっタン”。 下田 麻美(しもだ あさみ、1986年1月30日 - )は、日本の声優・舞台女優。アーツビジョン所属。鳥取県出身。 小简介 2005年に稼動した業務用ゲーム『THE IDOLM@STER』の双海亜美 ・真美役でデビュー。2007年6月に同じアーツビジョン所属の声優で親しい友人の狩野茉莉とユニット「elements」(エレメンツ)の結成を発表した。テレビアニメ「今日の5の2」の声優によるユニットFriendsは番組終了後も活動継続が決定している。舞台俳優としての活動もあり、カプセル兵団などの舞台に出演。 2009年6月に本人名義としては初のソロアルバムをリリース。それに連動してニコニコ動画に「下田麻美ちゃんねる」が開設された。 大事件 决定演出出道作《偶像大师》时,根据第一印象是接受饰演水濑伊织,但在以水濑的形象试唱一次‘Yeah! めっちゃホリディ’后才改为双海亚美、真美。收录当时(2002年)下田还只是17岁,是于鸟取县一所高校读书的女子高校生。而录音需要于东京进行,因此经常要乘坐飞机、通宵巴士等往返两地,录音时有监护人陪同。 于《偶像大师》选择“双海亚美/真美”演唱歌曲“エージェント夜を往く”时,其中一句歌词“溶解至尽(溶(と)かしつくして)”会被听成“とかちつくちて”而在玩家间引起话题。下田当初是纯粹想在这歌上表现一些“调皮性感”的感觉而下意识用了“小节”的唱法,但是录音时下田和工作人员均没有留意到歌词的“小节”,直到游戏启动后在收音机电台内收到听众的信后才发现的。同曲,歌词“乱れる悦びを”也用上了明显的“小节”。其他还有许多小地方也因“小节”而有微小的变音。在2006年3月22日发售的CD“THE IDOLM@STER MASTERPIECE 04”中收录的M@STER VERSION中完全不用“小节”,正确发音。在2006年7月23日的演唱会中与平田宏美共唱此曲时,故意唱成“とかちちゅくちて”聚集焦点。于2007年1月25日发售的Xbox 360版《偶像大师》中,旧歌并没有重新录音,反而沿用街机版本而在网上再次引起话题。特别于影片分享网站NICONICO动画当中成了热门的曲子之一。为此,一部分的亚美真美的支持者为角色取了“とかち”的昵称。Xbox 360版的新曲“relations”也因为全曲用上了“小节”演唱,因此也戏称为“演歌版”。 除了声优,也是舞台剧演员。最初去观看同事务所的前辈今井麻美的演出时被介绍入团(カプセル兵団)。但是在2007年2月,趁著カプセル兵団的公开演出时发表暂时休止活动,不过在同年6月客串演出时再度开始演出。 2007年6月20日和同事务所的朋友狩野茉莉组成“elements”,同年8月举行第一次演唱会。 2007年11月7日,《DTM MAGAZINE》12月号公开下田麻美为大卖的音乐软件VOCALOID 2角色主唱系列“初音未来”的第二作“镜音铃、连”提供原声,而迅速成为话题,并和“エージェント夜を往く”扯上关系。 2009年6月10日发行首张个人名义的个人专辑“Prism 镜音铃、连 feat.下田麻美”,并于NICONICO动画开设个人官方频道“下田麻美ちゃんねる”。 高校生のときに声優養成所の特待生に合格し、住まいのある鳥取と東京を夜行バスなどで週1回往復する生活をした。2002年に『THE IDOLM@STER』のオーディションが行われたときは16歳だった。。 彼女が演じるアイドルマスターの亜美が歌う「エージェント夜を往く」では、「溶かしつくして」という歌詞が「とかちつくちて」と聞こえる。これは意図して歌ったものではなく、本人は全く気がついていなかったが、ファンに指摘されて気がついたという経緯がある。 VOCALOID2の収録は第一弾「初音ミク」と同時期に行われた。開発元が第二弾の声優はニコニコ動画で大人気の声優とインタビューに答えたことなどから声を担当することは公表を待たずに予想されていた。 替え歌の作詞が非常にうまい。ラジオ番組『下田麻美の超ラジ!Girls』に替え歌のコーナーがあった頃は、よく自作の替え歌を披露していた。 ものまねが好きで、『YAWARA!』の猪熊柔や野原しんのすけは一言だけだが、かなり似ている。他の声優の声まねもすることがあり、レパートリーに一応若本規夫も入っている。演じているキャラクターが作品中で物真似をすることがある。 以前は歌に力が入ると無意識にこぶしが回る癖があり、歌の収録のときに「こぶらないで」とあらかじめ注意されたりした。 『北斗の拳』の大ファンであり、理想の男性はケンシロウや冴羽獠と公言している。クワトロ・バジーナのファンでもあり、ザクの装飾をした赤い携帯を使っていたことがある。 集めているキャラクターグッズは『リロ・アンド・スティッチ』のスティッチ。 親の趣味に影響されて古い時代のものを良く知っている。音楽趣味が昭和時代。 一番好きなアーティストは尾崎豊で姉からの影響。 高校時代の部活動では放送部へ入部していた。中学時代はよく弁論大会に出場したと話している。 自らを「麻男」と称し、仲の良い女性声優を「愛人」と呼ぶことがある。特に長谷川明子の旦那を自称していたが、超ラジ!Girlsのゲストに長谷川が来た時に誕生日を覚えていないことが発覚した。 ファンからは基本的に名前よりも愛称の「あさぽん」で呼ばれる。他の愛称に「アーサー」、「げったん」など。 VOCALOID2の宣伝でよゐこのラジオ番組にゲスト出演した時に携帯コンテンツ用のネタを作ることになり、有野晋哉により愛称の一つ「げったん」を使った作品がつくられたが、中森明菜のDESIREの出だしに似すぎてリテイクとなった。 同じ所属事務所の声優狩野茉莉とユニットelementsを組んで自主活動でライブを行っていた。約3年間に春夏秋冬それぞれをテーマにした4回のライブを行い、2010年3月のライブをもって活動を終了した。 串田アキラとは『アイドルマスター』のCDで共演したことがきっかけで、elementsや串田のライブに相互に出演するなど交流がある。

下田麻美的留言板

正在载入,请稍候...