CRAZY KEN BAND - 主页

随便听几首

CRAZY KEN BAND歌迷最喜欢的歌曲

全部39首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 肉体関係 Part2 逆Featuringクレイジーケンバンド

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 タオル→音楽力(Long Ver.MIX)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 タイガー&ドラゴン

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 Hey Que Pasa?

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 箱根スカイライン

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 昼顔

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 せぷてんばぁ(Original Ver.)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 Loco Loco Sunset Cruise

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 あぶく

播放 收藏 歌词 下载 铃声

CRAZY KEN BAND的精选专辑

全部2张专辑

CRAZY KEN BAND的个人档案

更多详细资料

初期には、60年代、70年代の日本の歌謡曲の技法の中から「かっこいい要素」を抽出して作られた楽曲(及びボーカル横山の唱法)が多かった。また、楽曲が昭和風ではなくても、歌詞の内容で、昭和の文化をリスペクトしているものが多く、とくに『かっこいいブーガルー』中の「昭和にワープだ!」という歌詞は、大きなインパクトを与えた。また「昭和レジデンス」の歌詞中では、「昭和昭和昭和昭和昭和」と昭和を連呼している。

また、リーダーの横山剣が、「自分たちのバンドは、平成のビート歌謡バンドとでもいいますか・・」と発言したり、「ヨコワケハンサム」を称える歌詞や発言を繰り返し、イベント名にまで採用。その他にも横山は、「現在は昭和○○年、昭和は続いている」と言ったり、コラムやインタビュー等で昭和時代の文化を称える発言を繰り返した。

そのため、音楽的にも交流があった渚ようこ、大西ユカリらとともに「昭和歌謡ブーム」の一員として広く認知された。だが、雑誌「SWITCH」の2003年8月号の特集「昭和歌謡と呼ばないで」に収録された、横山へのインタビューにおいて、横山は「クレイジーケンバンドのサウンドは、もっと広いものである」と、「昭和歌謡」と決め付けられることへの嫌悪感を表明。実際、その後の活動においては、楽曲に「昭和的な要素」は(おそらく意図的に)薄くなってきている。

近年の横山は、「かつては、サービス精神もあって『昭和、昭和』と言っていたが、それが誤解を呼んだ。そういう(「昭和歌謡」のような)音楽が好きな人たちは、そればっかりやっている人たちを聴いてください」「自分たちの音楽は、もっと音楽的に耳の肥えた人たちに聴いてもらいたい」とまで発言している。

だが、初期の活動においては、横山はあきらかに、本気で「昭和がマイ・ブーム」であったと思われ、それがあまりに成功してしまったゆえに、それによりつけられた「レッテル」に、次第に反発を覚えるようになったと思われる。

CRAZY KEN BAND的留言板

正在载入,请稍候...