さだまさし - 主页

随便听几首

さだまさし歌迷最喜欢的歌曲

全部11首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 プラネタリウム

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 桜の樹の下で

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 名画座の恋

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 廣重寫眞館

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 古い時計台の歌

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 図書館にて

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 黄昏アーケード

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 美術館

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 強い夢は叶う ~RYO National Golf Club~

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 泣クモヨシ笑フモヨシ ~小サキ歌ノ小屋ヲ建テ~

播放 收藏 歌词 下载 铃声

さだまさし的精选专辑

全部1张专辑

さだまさし的个人档案

更多详细资料

二人組のフォークデュオ、グレープでデビュー。「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。 ソロシンガーになってからも「雨やどり」、「関白宣言」、「北の国から〜遥かなる大地より〜」など数々のヒット曲・有名曲を生み出してきた。その叙情的で文学的な歌詩の世界は独自のものとして定評がある。

2009年現在、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手であり、その回数は實に3500回を越えている。

またトークの軽妙さはテレビ、ラジオでも、またコンサートのMCにおいてもさだの大きな魅力となっている。近年では小説家としても活動している。

國學院高等学校卒業、國學院大學法学部中退。趣味はゴルフ。

弟はさだ企画社長で、元サッカー選手でもある佐田繁理。妹は、歌手の佐田玲子。

息子は、2007年現在桐朋学園大学在学中のヴァイオリニスト佐田大陸。

長崎市で佐田家の長男として生まれる。父・雅人は第二次世界大戦終戦後、長崎出身の戦友とともに復員し、そのまま長崎に住み着いた。その後、戦友の妹・喜代子と結婚し、雅志・繁理・玲子の三人の子をもうけている。雅志の幼少時は、父・雅人は材木商を営み、自宅は庭に小山があるような豪邸だったという。

3歳よりヴァイオリンを習い始め、毎日学生音楽コンクール西部地区大会で入賞するなどの上達ぶりを見せる。一方、父の事業が失敗し、一家は豪邸を失い小さな長屋住まいとなる。

小学校卒業後、ヴァイオリン修行のため単身上京。以後、葛飾区や千葉県市川市で一人暮らしを続けることになる。中学生時代に加山雄三やサイモン&ガーファンクルに影響され、ギターを奏でながら歌を作るようになる。その一方東京藝術大学付属高校(途中で東京都立駒場高等学校芸術科(現東京都立芸術高等学校)に志望校を変更)の受験に失敗し、失意の中國學院高等学校に入学。以来ヴァイオリンへの熱意を失う。ただし創造性とでも言うべきユニークな才能は高等学校在学中にもいかんなく発揮され、数多くの武勇伝や逸話を残している。

さだまさし的留言板

正在载入,请稍候...