福山雅治 - 主页

随便听几首

福山雅治歌迷最喜欢的歌曲

全部137首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 桜坂高清MV

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 Revolution//Evolution

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 Heart/TBS系ドラマ「めぐり逢い」 主題歌

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 you/TBS系ドラマ「めぐり逢い」 イメージソング

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 蜜柑色の夏休み/おばあちゃん子、雅治ちゃんの真骨頂

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 虹/フジテレビ系ドラマ 「ウォーターボーイズ」 主題歌

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 あの夏も 海も 空も/サントリー新「ダイエット<生>」 CMソング

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 KISSして/ GYURI+

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 I am a HERO

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 I am a HERO

播放 收藏 歌词 下载 铃声

福山雅治的精选专辑

全部9张专辑

福山雅治的个人档案

更多详细资料

1994年、「HELLO」のジャケット撮影をきっかけに鳥取県境港市を拠点にする写真家植田正治との交流を深め、1999年の「HEAVEN」のジャケット撮影までさまざまなフォトセッションを行った。福山は境港、米子近辺をよく訪れており、対談の中で鳥取県について「第二の故郷と呼びたい。そんな温かさを感じます」と述べている。

2002年には『「福山雅治」展/THE EXHIBITION OF MASAHARU FUKUYAMA & SHOJI UEDA』が、2005年には『〜オマージュ・植田正治に捧ぐ〜』〈福山雅治・菊池武夫・堀内誠一〉を植田正治写真美術館にて開催しており、本人が撮った写真も数多く展示された。

活動休止期間には旅先でカメラを構え、数多くの写真を撮り続けた。そうして撮っていった数多くの写真や、植田やハービー山口とのフォトセッションなどでの写真で写真展を数多く開催しているほか、シドニー五輪、アテネ五輪、北京五輪ではテレビ朝日のカメラマンとして活動した。

CM「PHOTO IS 福山編」では、本人撮影の写真が使用され、「PHOTO IS 1万人の写真展」でも、自ら撮影した写真を特別参加として8枚出展した。

2006年11月には初の写真作品集『f5.6のハロー 1/125のサヨナラ』を発売することとなり、それを記念した写真展「PHOTO STAGE 〜記憶の箱庭〜」が六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにおいて、2006年12月6日から翌年1月14日まで開催された。この催しには、福山による作品のほかに、植田正治写真美術館での作品等も展示された。

2008年4〜5月には、地元の長崎県美術館で写真展「PHOTO STAGE III〜残響〜」を開催。

生い立ち
子供のころは今のようなシンガーソングライターとしての成功は無理だと思い、音楽の先生になりたかったらしいが家庭の状況(金銭面)から断念した[1]。ただ結果的には本稿記載のとおり夢が叶っている。父親が被爆者なので、自身は被爆二世であると発言したことがある。

小学校の時、腕っ節が強く腕相撲では負け知らずだった。当時は『太陽にほえろ』に憧れて刑事になりたかった。ソフトボールをやっていたが、右肩を故障した。中学生時代は吹奏楽部の部長だった(担当楽器はホルン、指揮もしていた)。

浜田省吾、サンハウス、THE MODS、A.R.B.、SION らの影響を受けた。A.R.B.に関しては大ファンだったようで同級生たちと組んで高校時代にA.R.B.のコピーバンドをしていた程である。福山のデビュー・アルバム『伝言』は、当時のA.R.B.のギタリスト白浜久のバックアップ(作曲・編曲・プロデュース)を得て制作された。 又、SIONの「Sorry Baby」をカバーしているのは有名だが、SIONのシングル「たまには自分を褒めてやろう」では共演もしている。

学生時代からラジオを愛聴していた。『プレゼントアワー』という、長崎のローカルAM放送局NBCラジオが日曜深夜に放送していた中高生の必聴番組のリスナーだった。在学校名や実名をあげて個人の情報を依頼・提供し合うという現在では考えられない人気コーナーがあり、当時モテなかった(本人談)福山は自分の名前があがらないかと毎週楽しみに聴いていたが、結局高校を卒業するまで彼の名前が読み上げられることは一度もなかったらしい。

高校卒業後、しばらく一般企業に就職し会社員をやっていたが[2]、音楽への未練が断ち切れず、会社を辞め単身上京した[1]。上京する時には、自分の本当の目標を周囲の人間に恥ずかしくて言えなかったので、古着屋になると言って出て来た。

寝台特急「さくら」に乗って上京した。その際、バイクを売って手にしたお金を盗まれないように自分の靴下にお札を入れたため、東京に着いたときはお札がしっとり濡れていたという。因みに、靴下に入れていたお札(20万円)で福山は半年間生活出来ると思っていたらしい。

街で泥酔した女性を見つけると介抱したという。

1987年に上京して一般企業で働いていたばかりの頃に愛聴していたのが文化放送の『吉田照美のやる気MANMAN!』で芸能界デビュー後に最終回含め、計3回ゲスト出演したが、なぜか文化放送でのラジオレギュラー番組は現在でも持ったことがない。


現在
端正なルックスから女性に圧倒的な人気を誇る。女性の好きな有名人アンケートにおいて必ずといっていいほど上位にランクされている。また、an・anの好きな男ランキングにおいては2008年の時点で10年連続2位を獲得しており(木村拓哉が15年連続1位)、毎年自身のラジオ番組でも取り上げている。下着メーカー「トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社」が2005年に行った「ホワイトデーに関するアンケート」で「ホワイトデーに下着を贈られたい男性有名人は?」という質問で第1位、また「自分の下着を一緒に買いに行きたい男性有名人は?」という質問で第3位に選ばれた。島田紳助は「日本の女性は福山雅治に支配されている」と評している[3]。

大のバイク好きとして知られ、『福山エンヂニアリング』の番組内でホンダ・ドリームCB400FOURを購入し、テリー伊藤や伊藤英明と一緒にツーリングへ行くなどしており、バイクチーム「有楽町crazy horse」を私設している。

福山雅治的留言板

正在载入,请稍候...