スキマスイッチ - 主页

随便听几首

スキマスイッチ歌迷最喜欢的歌曲

全部13首歌曲

序号 歌曲

播放 收藏 歌词 下载 铃声

01 ユリーカ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

02 回奏パズル

播放 收藏 歌词 下载 铃声

03 全力少年

播放 收藏 歌词 下载 铃声

04 僕と傘と日曜日

播放 收藏 歌词 下载 铃声

05 フィクション

播放 收藏 歌词 下载 铃声

06 マリンスノウ

播放 收藏 歌词 下载 铃声

07 Ah Yeah!!

播放 收藏 歌词 下载 铃声

08 奏 (かなで)

播放 收藏 歌词 下载 铃声

09 晴ときどき曇

播放 收藏 歌词 下载 铃声

10 君のとなり

播放 收藏 歌词 下载 铃声

スキマスイッチ的精选专辑

全部0张专辑

スキマスイッチ的个人档案

更多详细资料

成员档案 大桥卓弥(主唱、吉它、合音) 生 日:1978/5/9 血 型:AB型 出 身:爱知县东海市 大桥卓弥年幼时期喜爱古典音乐,从小学时即学习钢琴。在此时期,由于经常重复听见友人家的电话答录音乐而在心中留下深刻印象,之后从父亲的黑胶唱片中发现原来那首歌就是披头士的《Yesterday》。因为这个契机,他的小学、中学时代几乎都是在披头士的陪伴下成长的。高中毕业后他前往东京,组了乐团后又无疾而终。之后,为了独立写歌,他将曲子托付同乡的知己好友常田编曲及录音,之后便组成了SUKIMA SWITCH。 常田真太郎(钢琴、合音、黑管、其它乐器以及编曲) 生 日:1978/2/25 血 型:O型 出 身:爱知县名古屋市绿区 常田真太郎热爱足球、柔道、滑雪等等,也喜欢机动战士钢弹,他 在高中的园游会中组团后,不知为何突然感受到”男子键盘”的魅力(常田道:键盘比较像是娘娘腔的乐器)而对音乐开窍。高中毕业后,参加许多乐团,也获得了各式各样的编曲经验。在一边担任录音工程师同时,也一边写自己的曲子,然后在为大桥编曲后组成了SUKIMA SWITCH。 简介 无限开关(日文:スキマスイッチ罗马音:sukimaswitch) 是由大桥卓弥、常田真太郎二位词曲创作者所组成的乐队。一开始是由于大桥将自己所写的歌曲交由常田编曲,两人深感合拍,于是在1999年二人合组SUKIMA SWITCH。他们的歌不分日本音乐或是西洋音乐的传统本质,有着充满能量的旋律。 音乐道路 2001年,SUKIMA SWITCH以新宿、涉谷为根据点展开演唱活动。2002年8月于AUGUSTA CAMP 2002 千叶 Marine Stadium之sub stage演出。在3万人面前的表演博得满堂彩,此后经由歌迷口耳相传知名度逐渐扩散,前来观赏他们表演的人数也显着地增加。 2003年7月,他们以Augusta Records第一炮新人之姿,藉由单曲《view》正式出道。该单曲在全日本超过30个FM电台播放。之后他们发行的出道迷你专辑《君の话》也写下销售佳绩,SUKIMA SWITCH一跃而成最受全日本媒体及听众关注的组合。 2004年3月,可称之为SUKIMA SWITCH代表作的抒情歌曲《奏》做为第2支单曲发行。在正式发行的一个月前便在全日本的无线及有线电台打入点播排行榜。同年6月,他们的第3张单曲《ふれて未来を》发行,紧接着发行他们出道一年的首张专辑《夏云NOISE》。此专辑成功地缔造ORICON专辑榜初登场第2名的优异成绩,也让他们以首张专辑就拥有爆炸性的人气支持。专辑发行后,他们接续进行了首次全日本巡回公演“夏云之旅~日本公演~”。在巡回之中发行的第4支单曲《冬の口笛》也在ORICON拿下了初登场第6名的佳绩。 2009,SUKIMA SWITCH演唱钢之炼金术师FA30 op《ゴールデンタイムラバー 》。 2011年1月26日,SUKIMA SWITCH的第14张单曲《さいごのひ》发售。10月5日,他们的第5张专辑《musium》发售。 2012年6月27日,SUKIMA SWITCH的第16张单曲《ラストシーン》发售。8月8日,第17张单曲《ユリーカ》发售。 2013年6月19日,SUKIMA SWITCH的第18张单曲《スカーレット》发售。7月31日,第19张单曲《Hello Especially》发售。9月11日,他们的LIVE专辑《スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”》发售。 2014年3月8日,SUKIMA SWITCH在美国夏威夷州举办的 “第2回 ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014”中出场,实现首次海外公演。7月23日,他们的第20张单曲《Ah Yeah!!》发售。11月19日,他们的第21张单曲《パラボラヴァ》发售。12月3日,他们的第22张单曲《星のうつわ》、第六张专辑《スキマスイッチ》发售。 2015年10月7日,他们的LIVE专辑《スキマスイッチ TOUR 2015 “SUKIMASWITCH”SPECIAL》发售。 2016年4月13日,SUKIMA SWITCH的精选专辑《POPMAN'S ANOTHER WORLD》发售。 —————————————————————————————————————— スキマスイッチは、大橋卓弥と常田真太郎による日本の音楽ユニット。略称は「スキマ」。 メンバー 大橋卓弥(おおはし たくや、1978年5月9日 - )愛知県東海市出身、AB型。既婚者、1児の父。ボーカル、ギター担当。通称「大橋くん」「タクヤ」「スター」「ヤサ」など。 出身高校は、愛知県立知多高等学校(2007年3月に廃校)。 常田真太郎(ときた しんたろう、1978年2月25日 - )愛知県名古屋市緑区出身、O型。既婚者、2児の父。鍵盤、コーラス担当。通称「シンタ(くん)」。 トレードマークはアフロだったが、アフロを切った。本人はひげをチャームポイントに推している。出身高校は、愛知県立昭和高等学校。 ユニット名の由来 名称に深い意味は無く、響きを重視して付けられた。名前を決める際に、常田の部屋で偶然目に入った窓の「隙間」、電気の「スイッチ」から誕生。カッコイイと思う名前にすると後々ダサくなるから、あえて初めからダサくしようという2人の考えで「スキマスイッチ」となった。他の候補には「タタミスイッチ」や「コタツスイッチ」、「フスマスイッチ」などもあった。 とある深夜番組内では、「当時まだ売れていない時に木造の安アパートに住んでおり、隙間風が入り天井の照明はスイッチのヒモを引っ張るタイプだった。有名になった時この時の苦労を忘れないように『スキマスイッチ』と命名した」と本人たちは語っている。 来歴 1999年 大橋が常田に曲のアレンジを依頼。これがきっかけとなり、常田主導でスキマスイッチ結成。 2000年 4月1日、インディーズオリジナルアルバム『10チャンネル』発売。 12月6日、赤坂Blitz、ぴあ、日音の3社が共同で始めたBlitz-Pia Recordsより発売されたコンピレーションCD「BLITZ・PIA SELECTION FROM NEWCOMER CARNIVAL 2000」に参加。 2001年 本格的なライブを渋谷・新宿にて始め、自らの主催による「想いコンダーラ」というライブイベントを複数回開催した。 この頃に、現在のマネージャーである樋口健と知り合い、事務所入りした。 3月、インディーズミニアルバム『僕の話』発売。 2002年 8月4日、「AUGUSTA CAMP 2002」のサブステージに出演。 2003年 7月9日、1stシングル「view」でメジャーデビュー。 9月17日、ミニアルバム「君の話」発売。 2004年 3月10日、2ndシングル「奏(かなで)」発売。 6月16日、3rdシングル「ふれて未来を」発売。 6月23日、1stアルバム『夏雲ノイズ』発売。 11月24日、4thシングル「冬の口笛」発売。 2005年 4月20日、5thシングル「全力少年」発売。 6月22日、6thシングル「雨待ち風」発売。 7月20日、2ndアルバム『空創クリップ』発売。 7月26日、『空創クリップ』が8月1日付オリコンアルバムチャート初登場1位を記録。 8月9日、常田がオフィシャルサイトにて結婚を報告。 11月23日、Video Clip集『別冊スキマスイッチ』発売。 12月31日、「全力少年」で第56回NHK紅白歌合戦初出場。 2006年 2月28日、常田がプライベートレーベル"doppietta"を設立。 3月1日、7thシングル「ボクノート」発売。 7月12日、2人のプロデュースによる福耳の新曲「惑星タイマー」発売。オリコンシングルチャート初登場6位を記録。 8月16日、8thシングル「ガラナ」発売。 8月22日、「ガラナ」が8月28日付オリコンシングルチャート初登場1位を記録。 11月22日、9thシングル「アカツキの詩」発売。 11月29日、3rdアルバム『夕風ブレンド』発売。 11月30日、第48回日本レコード大賞の審査委員会で「ボクノート」が大賞にノミネート(金賞を受賞)される。初の受賞。 12月31日、「ボクノート」で第57回NHK紅白歌合戦2回目の出場。 2007年 7月11日、10thシングル「マリンスノウ」発売。 8月1日、初のベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』発売。 8月14日、『グレイテスト・ヒッツ』が2007年8月13日付、8月20日付のオリコン・週間アルバムチャートにて、自身初の2週連続1位を獲得。 9月29日、大橋がオフィシャルサイトにて結婚を報告。 12月14日、オフィシャルサイトにて、大橋卓弥ソロ・プロジェクト発表。 12月31日、「奏(かなで)」で第58回NHK紅白歌合戦3回目の出場。スキマスイッチとしての活動と並行しながら、各自ソロ活動を開始。 2008年 4月2日、初のライブアルバム『スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA"』を発売。 6月11日、初のライブDVD「スキマスイッチ ARENA TOUR'07"W-ARENA"THE MOVIE」を発売。 12月11日、オフィシャルサイトにてスキマスイッチとしての活動再開を宣言する。 2009年 5月20日、11thシングル「虹のレシピ」発売。 10月14日、12thシングル「ゴールデンタイムラバー」発売。 11月4日、4thアルバム『ナユタとフカシギ』発売。 11月17日、大橋がオフィシャルサイトにて第一子誕生を報告。 2010年 7月7日、13thシングル「アイスクリーム シンドローム」発売。 11月24日、ライブアルバム『スキマスイッチ TOUR 2010"LAGRANGIAN POINT"』、ライブDVD「スキマスイッチ TOUR 2010"LAGRANGIAN POINT"THE MOVIE」発売。 2011年 1月26日、14thシングル「さいごのひ」発売。 3月13日、東北地方太平洋沖地震を受け、YouTubeに「奏(かなで)」をアップ。 7月9日、デビュー8周年となるこの日、三作連続配信リリース第一弾となる「センチメンタル ホームタウン」配信。 8月13日、三作連続配信リリース第二弾となる「石コロDays」配信。 9月14日、15thシングル、三作連続配信リリース第三弾となる「晴ときどき曇」発売。 10月5日、5thアルバム『musium』発売。 10月19日、iTunes限定ライブアルバム『iTunes LIVE』配信。 2012年 1月19日、セルフカバーベストアルバムに向けた楽曲のファン投票開始(3月18日まで)。 6月27日、16thシングル「ラストシーン」発売。 8月8日、17thシングル「ユリーカ」発売。 8月22日、セルフカバーベストアルバム『DOUBLES BEST』発売。 9月26日、ライブアルバム『スキマスイッチ TOUR 2012“musium”』発売。 10月24日、ライブBlu-ray、DVD「スキマスイッチ TOUR 2012“musium”THE MOVIE」発売。 11月22日、第54回日本レコード大賞の審査委員会で「DOUBLES BEST」が企画賞を受賞。 2013年 6月19日、18thシングル「スカーレット」発売。 7月27日、自身のプロデュースによる「Sukimaswitch in Augusta Camp 2013」開催。 7月31日、19thシングル「Hello Especially」発売。 8月21日、オールタイムベストアルバム『POPMAN'S WORLD〜All Time Best 2003-2013〜』発売。 9月11日、ライブアルバム『スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”』発売。 10月2日、ライブBlu-ray、DVD「スキマスイッチ TOUR 2012-2013“DOUBLES ALL JAPAN”THE MOVIE」発売。 11月27日、2014年3月8日にアメリカ合衆国ハワイ州ホノルルで開催される『第2回 ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014』のオフィシャルサポーター就任、および同大会のオフィシャルイメージソングに「虹のレシピ」が起用されることを発表。 12月28日、初の日本武道館単独公演となる「Symphonic Sound of SukimaSwitch」開催。 2014年 2月26日、ライブアルバム『スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD”』発売。 3月8日、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルにて開催された『第2回 ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014』に合わせて、初の海外公演を実施。 3月26日、ライブBlu-ray、DVD『スキマスイッチ 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN'S WORLD”THE MOVIE』発売。 4月30日、ライブアルバム『スキマスイッチ 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch”』発売。 5月28日、ライブBlu-ray、DVD『スキマスイッチ 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch” THE MOVIE』発売。 7月23日、20thシングル「Ah Yeah!!」発売。 11月19日、21stシングル「パラボラヴァ」発売。 12月3日、22ndシングル「星のうつわ」、6thアルバム『スキマスイッチ』発売。 2015年 1月28日、Video Clip集『別冊スキマスイッチ』のBlu-ray盤、『別冊スキマスイッチpart